주요 기사 바로가기

李正姫、今度は「朴槿恵氏は独裁者」…野党は逆風憂慮(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.11 10:09
0
だが李代表の発言は、大統領選挙の不服性発言という点で違うレベルの論争を起こしている。明智(ミョンジ)大学のキム・ヒョンジュン教授(政治学)は「朴大統領との対立によって統進党の怒りを伝え闘争の中心に立とうというのは理解できるが、こうした発言は結局、進歩勢力や野党圏全体にとって害になる」と指摘した。

民主党関係者も「2004年のハンナラ党の弾劾逆風で見るように、(大統領を選んだ)国民の選択自体をおろそかにするような主張は逆風にさらすだけ」としながら「進歩党が抑えられない怒りを表わしているが、(民主党と)進歩党との距離はさらに遠ざかった」とした。

この日、青瓦台はあえて公式反応する価値もないという対応をした。だが内部では不快な気流が歴然だった。ある核心関係者は「国家元首に対する非難が度を超していないか」と問いただした。

セヌリ党のホン・ジマン院内報道官は「大統領を『朴槿恵氏』と言った李代表は、進歩党が前に進むべき方向を提示するには非適格者」として「綱紀びん乱・内乱陰謀に巻き込まれたことだけでも、李正姫代表は国民の前で犯した罪の処分を待つのが当然だ」という公式論評を発表した。これに対しホン・ソンギュ統進党報道官は論評で「これ以上どのように礼を尽くすことを望むのか」としながら「煮えくり返る怒りをしずめて最大限の礼儀を尽くした」と反論した。
李正姫、今度は「朴槿恵氏は独裁者」…野党は逆風憂慮(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP