주요 기사 바로가기

【時論】イージス艦8隻を保有するという日本(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.08 11:00
0
中国は現在稼働中の「遼寧」のほか、数隻の空母をさらに建造するという目標だ。ここには燃料再供給が必要ない原子力空母が含まれると予想される。中国はすでに水中から発射する射程距離8000キロ以上の潜水艦発射大陸間弾道ミサイル(SLBM)を保有している。日本がイージス艦8隻体制を準備するという理由だ。

では韓国は何をするべきか。尖閣諸島で激しく対立する中国と日本は軍備競争を加速させている。韓国も最小限の防御力を備えるべきだが、投資金額に比べて最も効率的なのが潜水艦戦力の増強と多量のミサイルを韓半島に配備することだ。中国と日本の戦力増強の要諦は海軍力と空軍力の増強だ。このため韓国は潜水艦戦力を強化する必要がある。潜水艦戦力は軍事分野で最も隠密な戦力であり、相手がむやみに接近できない最後の戦力と評価される軍事力だ。ミサイル戦力は情報技術(IT)が発達した韓国に最も効率的な未来防御戦力と考えられる。

いま北東アジアでは軍備競争の荒波が起きている。第2次世界大戦後、現在のように中国と日本の激しい対立の局面が形成されたことがなかった。軍事費を注ぎ込む北東アジア情勢は非常に危険だ。したがって軍備競争の危険を議論する対話の場を用意することを韓国が先導する時期になった。韓国は世界9番目の貿易大国であり、国際的な地位が過去とは違う。したがって自信とビジョンを持って平和の共同繁栄の旗幟を掲げ、軍備競争の解消に率先しなければならない。韓国は周辺国を侵略したことがなく、対話体制創出の資格があることを彼らも知っている。

 
金慶敏(キム・ギョンミン)漢陽大教授・政治外交学


【時論】イージス艦8隻を保有するという日本(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP