주요 기사 바로가기

日本はイージス艦6隻、空中給油機4機…核武装能力も高水準

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.10.17 16:26
0
日本は1946年に公布された平和憲法により原則的に軍隊を保有できない。このため戦後、日本は「安保を米国に任せて防衛費を低くする代わりに新しい経済の建設に集中する」という「吉田ドクトリン」によって軍事力をつくってきた。それで日本は51年の日米安保条約締結の3年後である54年に自衛隊を創設した。母体は52年に創設された海上警備隊であった。

日本憲法により自衛隊は今でも軍隊ではないとの解釈が維持されている。交戦権も憲法9条によって認められていない。それでも実質的な役割は軍隊と同じだというのが外部の指摘だ。60年近く「自衛隊が軍隊か」という論争が続いていたが、日本を囲む安保環境が大きく変わる中で日本の政治を主導してきた自民党政権は、自衛隊を集中的に育成してきた。方向は軍事力の大幅増強だった。最近では右翼を中心に「憲法を改正して自衛隊に代わる国防軍を作ろう」という声も引き続き提起されている。

スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によれば、日本の防衛費は2001年の世界4位から2008年には7位に落ちた。この間に中国が7位から2位に上がった。日本の経済力が弱くなる中で防衛費の増加傾向が停滞したのだ。

しかし日本メディアは最近「防衛庁から昇格した防衛省が2014年の防衛費として2013年の4兆7600億円よりも4%増えた4兆9400億円を要求するだろう」と伝えた。2013年の防衛費は2012年よりも0.8%増えたが、こうした傾向は中国を意識したものと分析されている。

ところで防衛費よりもさらに注目する部分は自衛隊の実際の能力だ。日本防衛白書によれば陸上自衛隊の兵力は約15万人で、主な武器には装甲車730台、戦車910台ある。陸軍だけで比較すると韓国よりも弱い。しかし海・空軍は違う。海上自衛隊の兵力は約4万6000人なのにヘリコプター空母2隻を保有している。

駆逐艦は10隻だが、このうち「こんごう型」イージス駆逐艦は4隻、「あたご型」イージス駆逐艦が2隻だ。ここへさらに2隻を建造中だ。韓国のイージス艦は3隻だ。日本の護衛艦は39隻、潜水艦も18隻だ。また日本の潜水艦は3000~3500トン級である一方、韓国は1200~1800トン級だ。

航空自衛隊兵力は約4万5000人。航空機は全805機で最新鋭F-15Jだけで203機になる。韓国には同級のF-15Kが60機ある。韓国には1機もない空中給油機KC767Jモデルを4機導入し、F35ステルス機も米国のライセンスを受けて生産する予定だ。

さらにもう1つ注目すべきが核武装能力だ。日本は現在、使用済み核燃料の再処理技術を確保している。日本は非核化3原則を守っているが、「その気になれば」プルトニウムを抽出して短時間で核兵器を生産し、保有できる国と評価されている。ただし2011年3月の福島原子力発電所事故の影響のために日本国民の「核アレルギー」は以前より深刻になったとも言われている。

(中央SUNDAY第344号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本はイージス艦6隻、空中給油機4機…核武装能力も高水準

    2013.10.17 16:26
    뉴스 메뉴 보기
    日本が保有する空中給油機のKC-767J。4機が運用中で今後4機を追加導入する。
    TOP