주요 기사 바로가기

日本「中国軍艦、自衛隊艦艇・ヘリにレーダー照射」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.06 10:43
0
中国軍艦が先月、2度にわたり日本自衛隊の護衛艦とヘリコプターに射撃時に使うレーダーを照射したことが明らかになり、両国間の緊張が高まっている。

小野寺五典日本防衛相は5日晩、緊急記者会見を開き、「先月30日午前10時ごろ、東シナ海(尖閣諸島周辺海域)で、中国海軍艦艇が3キロほど離れていた日本海上自衛隊の護衛艦『ゆうだち』に射撃管制用レーダー(Fire-control radar)を照射したことが確認された」と述べた。

小野寺防衛相は「これに先立ち先月19日午後5時には、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦が日本海自護衛艦『おおなみ』搭載ヘリにレーダーを照射したとみられる」と主張した。

射撃管制用レーダーとは、艦艇に搭載されたミサイル・大砲などを撃つ前に、目標物に照準を合わせて追撃する用途で使われる。しかし中国軍艦は先月19日と30日、ミサイルや大砲を発射してはいない。

小野寺防衛相は「射撃管制用レーダー照射は極めて異例で、一歩間違えば大変危険な事態が発生する」と述べた。続いて「慎重を期して当時の現場資料などを十分に集中分析し、今日、最終的に中国軍の射撃管制用レーダーであることが立証された」と主張した。

日本政府の関係者は「もともと射撃管制用レーダーは周波数が高いのが特徴」とし「海自護衛艦には相手が照射したレーダーを感知し、周波数を分析するシステムがあり、中国海軍からのレーダー照射を特定することができた」と説明した。
日本「中国軍艦、自衛隊艦艇・ヘリにレーダー照射」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP