주요 기사 바로가기

【中央時評】バラク・オバマ大統領への手紙(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.06 15:06
0
韓国人は会えば「アンニョンハシムニカ(Are you in peace?)」と温かくあいさつします。別れる時は「アンニョンヒ・カシプシオ(Go in Peace!)」または「アンニョンヒ・ケシプシオ」(Peace be with you)といいます。後に建国大統領となった李承晩(イ・スンマン)博士が1941年、軍国主義日本の米国侵略を警告した著書『日本内幕記(Japan Inside Out)』で紹介した内容です。力がないため常に受難を経験し、お互い安危を心配する切ない心が日常のあいさつ法として定着しました。太平洋の向こうの大統領に心からあいさつします。アンニョンハシムニカ。

そうです。韓国人は平和(peace)を愛します。ところが北東アジアの勢力均衡の変化で強大国間の領域争いや駆け引きが繰り広げられる度に、侵略と植民地、分断と戦争の苦痛を経験しました。そのためか庭で犬がほえる声だけでも、助けに来た客か、危害を加える侵入者かを正確に知ることができます。苦痛の歴史が残した涙ぐましい能力です。

いま北東アジアは勢力均衡が調整される局面を迎えています。中国が浮上し、日本が尋常でない動きを見せています。日本は先月3日、同盟国である米国の国務・国防長官から集団的自衛権行使に対する公式支持を受けました。ついに戦争ができる国になったのです。米国は防衛費を減らしているので、日本の力を活用する必要があるのでしょう。G2に成長した中国の軍事力が強まり、北朝鮮の核問題に進展がないことも考慮したことでしょう。

問題はここから始まります。米国の核心パートナーになった日本は侵略戦争に対してきちんと謝罪していません。逆に安倍首相は就任1周年(12月26日)となる前に靖国神社に参拝するという声が聞こえています。靖国は第2次世界大戦当時、太平洋を「日本の湖」と呼んだ大胆なA級戦犯が合祀されたところです。したがって侵略の罪を否定するということです。2000年に日本の集団的自衛権行使を促す報告書を作成した米国のアーミテージ元国務副長官でさえも「今まで積みあげたものをすべて崩す打撃があるだろう」と警告しました。カート・キャンベル元次官補(東アジア・太平洋担当)も引き止めています。

こうした騒ぎの中、中国は韓国が米国主導のミサイル防衛(MD)に参加しないか深く心配しています。もし中国が韓日米の三角同盟に対抗し、北朝鮮・ロシアと手を組んで軍事力を高めれば、北東アジアは新たな冷戦の不安定な状況を迎えることになるでしょう。逆行する世界史です。
【中央時評】バラク・オバマ大統領への手紙(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP