주요 기사 바로가기

「エジソンが発明工場を設立したように、韓国ETRIは特許工場になる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.25 16:25
0
「トーマス・エジソンは発明王になった後“発明工場”を作った。グラハム・ベルが設立したベルラボは“アイデア工場”と呼ばれる。私たちは“特許工場”になる」。

金興南(キム・フンナム)韓国電子通信研究所(ETRI)院長(57)は、韓国一の特許工場が2020年“ギガコリア”を通じて登場する可能性があると自信を表した。

22日に大徳研究団地内の執務室で会った金院長は席に座ると、すぐにタブレットPCをつけた。タブレットPCの上から光が出ると、黄金の亀甲船が3D(3次元)ホログラムで立体的に現れた。金院長は「今はこのホログラムが停止状態だが、ギガコリアプロジェクトが軌道に乗る2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックでは、世界初の3Dホログラム動画を紹介できるだろう」と述べた。これらすべてのものが強力な特許を通じて具現されると話した。

創造経済に対する金院長の解釈が目を引く。アインシュタインの特殊相対性理論のうちエネルギーは質量と光の速度の自乗という公式を応用した。創造経済(Economy of Creation)E=MCCという説明で、Mはお金(Money)、Cは創造(Creation)、もう一つのCは融合(Convergence)という。すなわち隣接分野と融合を通じて何かを創造した後、事業化までつながってこそ、創造経済が完成されるということだ。今までは融合と創造まではある程度可能だったが、今後は事業化を通じてお金になる必要があると説明した。このために研究院内の文化と制度、インフラを整えているところだ。

その一つが創業支援制度。研究員に創業を積極的に推奨している金院長は、研究員が10年に1回、1年ずつETRIの隣のスタートアップ(初期創業企業)インキュベーターに入る制度を作った。

金院長自身も若い頃に創業ブームがあれば行政情報システムで創業していたかもしれないと振り返った。ソウル大工学部を卒業し、韓国科学技術院システム工学研究所で勤務していた1984年、町役場の行政情報システム統合プロジェクトを引き受けたが、全国3300カ所の町役場の行政情報システムを一つにまとめる作業を成功させた。金院長が開発したソリューションは商用化が可能なほど安定していたという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「エジソンが発明工場を設立したように、韓国ETRIは特許工場になる」

    2013.10.25 16:25
    뉴스 메뉴 보기
    韓国電子通信研究所(ETRI)の金興南(キム・フンナム)院長。
    TOP