주요 기사 바로가기

【コラム】日本の集団的自衛権問題に消極的な韓国与野党

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.23 10:03
0
日本の集団的自衛権に関し、韓国の与野党は批判を受けて当然だろう。米国が日本の集団的自衛権を追認するのは、まさに「我々には青天の霹靂のような話」(セヌリ党の金栄宇議員)だ。ところが与野党はこの問題に積極性がない。セヌリ党は会議で懸念を表明し、論評も出したが、執拗な姿はない。民主党が激しく乗り出すと思われたが、教学社の教科書が日帝植民支配を美化したとして教育部を抗議訪問したのに比べると、強度は大きく落ちる。西海(黄海)北方限界線(NLL)や歴史教科書など過去の問題にあれほど敏感だった与野党が、未来にはなぜこれほど無関心なのか。

集団的自衛権は同盟国が攻撃を受ければ日本も反撃することができるというものだ。これが過去を反省しない日本の再武装につながればどうなるのか。

<1>韓国にとって北東アジア秩序の主軸は韓米軍事同盟だ。北朝鮮の挑発を防ぐ最も確実な装置が在韓米軍だ。「南侵=米国との全面戦争」となるため、北朝鮮が死を覚悟しない限り南侵は難しい。しかし北朝鮮は挑発意志がないというような無責任な話をするのはやめよう。挑発後の処理をする能力がないだけで、在韓米軍が抜ければ北朝鮮はいつでも挑発カードを持ち出し、韓国株式市場を焦土化させることが可能だ。このように重要なのが韓米同盟だが、米国が日本に免罪符を与えれば、韓米同盟は血の経験を共有した「情緒の同盟」から、利益を問う「実利の同盟」に格下げされる。日本の問題は同盟に対する信頼を揺さぶる。

<2>中国との北核協調にも悪影響を与える。韓米はもちろん、中国も北朝鮮の核保有を歓迎する理由はない。しかし米国が北東アジアで担ってきた軍事的な責任を日本に譲るほど中国は刺激を受ける。中国が水面下でしてきた北核牽制が日本の再武装というとんでもないイシューで調整に入れば、韓国に良いことはない。

<3>未来世代のためにも今、問題を提起しなければならない。韓流だけでなく日流もある。韓国の青少年・若年層にとっても宮崎駿はアニメの巨匠であり、日本の食文化は好まれる。ネット上の日本文化のブログを見ればよい。もちろんこれは日本文化の吸収であり、日本文化の侵奪ではない。しかし文化的な共感が反省のない日本への同調に変質すれば国に希望はない。今そのまま通過すれば、10年後には“戦犯”日本の過去はさらに忘れられたまま「旭日旗デザインの服を着て何が悪い?」という反応が出てくるかもしれない。

にもかかわらずこの数週間を見ると、セヌリ党にはNLLと対話録、民主党にはネット上の書き込みだけが目に入るようだ。日本の集団的自衛権は取り上げても当面の政治的実益がないため、最初は対話録の失踪に、次は国家情報院の書き込みに隠れる。その結果は、与野党の意図に関係なく、日本の動きに目を閉じることだ。今後、日本の集団的自衛権がイシュー化されても「親米派セヌリ党」対「親中派民主党」に分かれ、旧韓国末の歴史を繰り返さないか心配になる。

チェ・ビョンゴン政治国際部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP