주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国栄、Jリーグ他球団からラブコール殺到

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.21 09:28
0
韓国栄(ハン・グギョン、23、湘南ベルマーレ)が日本Jリーグの他球団からラブコールを受けている。

Jリーグに詳しいある関係者は20日、「サンフレッチェ広島、FC東京、柏レイソルなどが韓国栄の獲得に大きな関心を見せている」と伝えた。韓国栄は今季を最後に湘南ベルマーレと1年短期契約が終了し、移籍料が発生しない。韓国栄は最近、ブラジル、マリとのAッチ2連戦で奇誠庸(キ・ソンヨン、サンダーランド)とともにダブルボランチで大活躍し、株価が上昇した。

すでに韓国栄はJリーグのチームの間でブルーチップとして注目されてきた。2010年に湘南ベルマーレに入団した韓国栄は昨年エースとして1部リーグ昇格に貢献し、今年も降格圏脱出のために毎試合12キロを走り、孤軍奮闘している。“消火器”のような守備力にチーム同僚のステボが驚くほどだ。このためKリーグクラシックの市民球団である大田シチズン並みの劣悪な財政状態の湘南ベルマーレは、18チームのうち16位(6勝16敗7分け)と善戦している。

Jリーグ3位のサンフレッチェ広島、7位のFC東京、9位の柏レイソルなどは、今年を最後に湘南ベルマーレとの契約が終わり移籍料が発生しない韓国栄の獲得を打診している。Kリーグはドラフト規定上、2015年から入ることができる。

欧州進出の可能性も開いている。韓国栄は昨年11月、独ブンデスリーガのアウクスブルク、オーストリアのザルツブルクの関心を受けていた。当時ザルツブルクは首席スカウターを日本まで派遣し、韓国栄のプレーを視察した。

一方、韓国栄はロンドンオリンピック(五輪)最終エントリーに含まれたが、けがのために抜けた。しかし低迷することなく、静かに努力を続けてきた。韓国栄は朴智星(パク・チソン、アイントホーフェン)、金甫ギョン(キム・ボギョン、カーディフシティ)のようにグラウンドの外でもサッカーしか知らない。日本のクラブは選手がチーム練習以外に個人練習をするのを好まないが、韓国栄は練習場から30分ほど離れた公園で毎日こっそり個人訓練をしてきた。

2002年韓日ワールドカップ(W杯)の金南一(キム・ナミル)、2006年ドイツW杯の李浩(イ・ホ)、2010年南アフリカW杯の金正友(キム・ジョンウ)に続き、韓国サッカーの守備型MFの後継者に挙がっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>韓国栄、Jリーグ他球団からラブコール殺到

    2013.10.21 09:28
    뉴스 메뉴 보기
    韓国栄(ハン・グギョン、23、湘南ベルマーレ)。
    TOP