주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>不安な組1位の韓国…頑固なチェ・ガンヒ監督に懸念の声も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.13 13:28
0
韓国サッカーが苦戦している。ワールドカップ(W杯)本大会進出を決めるのにこれほど苦労したのは、1994米国ワールドカップ(W杯)行きが決まった93年の“ドーハの奇跡”以来20年ぶりだ。チェ・ガンヒ監督の固執のためだ。韓国サッカーの運命がかかっているだけに、見る側はハラハラしている。

韓国は11日、ソウルW杯競技場で行われた2014ブラジルW杯アジア最終予選A組第7戦で、ウズベキスタンを1-0で降した。拙戦の末1-1で引き分けたレバノン戦(4日)に比べると良くなったが、満足できる内容ではなかった。相手のオウンゴールでかろうじて勝った。

4勝1敗2分けで組1位だ。しかしまだ組2位まで与えられるブラジル行きのチケットは獲得していない。18日のイランとの最終戦で引き分けても自力進出が決まる。負けても本大会進出が決まる可能性が高いが、安心はできない。韓国がイランに敗れ、ウズベキスタンがカタールに大勝すれば、ゴール得失点で組3位に落ちることもある。

“チェ監督の固執’の代表的な例がフィジカルトレーナーを置かないことだ。2002年W杯の4強神話は体力の勝利だった。90分間ずっと相手に圧力を加えることができたのは、フィジカルトレーナー、フェルハイエン氏のおかげだった。ヒディンク監督は選手の体力に関する問題はフィジカルトレーナーに一任した。

2012ロンドンオリンピック(五輪)の銅メダルは洪明甫(ホン・ミョンボ)監督が陣頭指揮したが、池田誠剛という日本人フィジカルトレーナーがいたからこそ可能だった。所属チームでスケジュールが異なる選手のコンディションを似たレベルに速やかに高めることは、フィジカルトレーナーでなければできない。

サッカー協会は昨年、チェ監督にフィジカルトレーナーを置くよう助言したが、チェ監督はこれを断った。練習内容や方式についてフィジカルトレーナーが助言することを、チェ監督が負担に感じているのではないかという声が出ている。

前日夜に雨の中で激戦をした選手に対し、12日、回復トレーニングなしに外泊を与えた点も心配だ。水原サムスンのフィジカルトレーナー、イ・チャンヨプ氏は「試合の翌日に回復トレーニングをしなかった時は復帰後にするが、一緒に過ごす時間が少ない代表チームとしては組織力を整える貴重な時間が一日減る」と指摘した。また「回復トレーニングをしない場合、軽いけがが生じた選手に対するケアが難しく、けがが放置されたり悪化したりするおそれがある」と付け加えた。

選手選抜方法も懸念される。イラン戦はMF選手が足りない。金南一(キム・ナムイル、36、仁川)は負傷し、朴種佑(パク・ジョンウ、24、釜山)は警告累積で出場できない。残りの選手はイ・ミョンジュ(23、浦項)、韓国栄(ハン・グギョン、23、湘南ベルマーレ)、張賢秀(チャン・ヒョンス、22、FC東京)ら代表チームでの経験が浅い選手たちだ。

それでもチェ監督は「外部からの追加の招集はない。朴種佑以上に活躍できる選手はいる」とし、具滋哲(ク・ジャチョル、24、ヴォルフスブルク)、奇誠庸(キ・ソンヨン、24、スウォンジーシティ)を呼ばないことを明らかにした。現代表チームの団結のためと考えられるが、不安なのは間違いない。両選手を「外部」と表現したのも批判を受ける点だ。

チェ・マンヒ大韓サッカー協会技術教育室長は「いろいろな声があるが、今は監督を信じて従わなければならない時」と述べた。チェ監督は「ひとまず峠は越えた。新たな気持ちで準備し、イラン戦で必ず雪辱する」と闘志を見せている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>不安な組1位の韓国…頑固なチェ・ガンヒ監督に懸念の声も

    2013.06.13 13:28
    뉴스 메뉴 보기
    チェ・ガンヒ監督
    TOP