주요 기사 바로가기

「玄武III」「スパイク」「海星」…国軍の日にミサイル初公開=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.30 08:58
0
軍は通常5年に1回ずつこうした大規模行事を行ってきたが、2008年は南大門(ナムデムン)の火災によりソウル・蚕室(チャムシル)運動場とテヘラン路一帯で小規模な行事を行った。

国軍の日行事団関係者は、「今年は韓国軍が創設されて65周年になる年であり、韓国戦争休戦60周年、韓米同盟60周年になる意味のある年。国軍の日行事を通じわが軍の国家守護の意志を内外に誇示するために大規模行事を準備した」と明らかにした。合わせて「北朝鮮の核とミサイル開発で安保脅威が高まっている状況で韓国軍が保有する各種ミサイルを見せることにより韓国の対応能力を誇示しようとする目的もある」と付け加えた。

今回の国軍の日行事に先立ち30日から2日間にわたりソウル広場と清渓(チョンゲ)広場、光化門広場一帯では武器展示会と軍隊糧食体験広場も開かれる。国軍の日行事を総括しているクォン・オテ行事団長(陸軍中将)は、「今年の国軍の日行事は国民とともにする国民参加型プログラムを準備した」と話した。

◇韓米同盟60年、米軍首脳部出席=今回の行事にはヘーゲル米国防長官ら米軍主要関係者も出席する計画だ。米国防長官の国軍の日行事出席は初めてだ。国防部当局者は、「今年は韓国と米国が1953年10月1日に相互防衛条約を締結して60年になる年だ。韓米定例安保協議会のSCM(10月2日)と韓米軍事委員会会議(MCM、30日)のために訪韓するヘーゲル米国防長官とデンプシー米統合参謀本部議長らが国軍の日行事に参加する予定」と明らかにした。29日に訪韓した米軍首脳部は30日に板門店(パンムンジョム)の共同警備区域(JSA)と最前方警戒所訪問に続き「韓米同盟の夜」行事に参加する。
「玄武III」「スパイク」「海星」…国軍の日にミサイル初公開=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP