주요 기사 바로가기

韓国軍「北の挑発時には原点把握し即刻対応」、警告声明発表

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.07 09:34
0
軍が北朝鮮の相次ぐ挑発脅迫に正面対応を宣言した。キム・ヨンヒョン合同参謀本部作戦部長は6日、「北朝鮮の挑発時には挑発の原点と支援勢力、指揮勢力まで打撃する」という立場を明らかにした。攻撃を敢行した部隊だけでなく後方でこれを支援する部隊や作戦を指揮する上級部隊まで打撃目標に決めているという意味だ。北朝鮮軍最高司令部報道官声明に対する一種の警告措置だ。

外交・安保当局は北朝鮮が実際に挑発するならばその時点は国連安保理の対北朝鮮制裁決議案が出てくるニューヨーク時間7日以後になる可能性が高いとみている。特にキーリゾルブ訓練が実施される11~21日を注目している。軍関係者は「韓米合同訓練期間にはすべての装備が稼動状態にあり北朝鮮が簡単に挑発できないというのがおよその分析。だが、北朝鮮はむしろこのような分析を逆利用しかねない」と話した。北朝鮮も11日以後に実戦的措置を取ることができるという立場を明らかにした。

韓国軍は北朝鮮が追加核実験やミサイル発射、局地的挑発を行うとみている。咸鏡北道豊渓里(ハムギョンブクド・プンゲリ)核実験場の3号(南側)坑道はいつでも核実験が可能な水準を維持している。また、東海岸の舞水端里(ムスダンリ)ミサイル発射場も最近改補修を終わらせた状態だ。だが、北朝鮮が挑発する場合は全面的挑発よりは局地挑発の可能性が高いというのが専門家らの観測だ。ある国策シンクタンク研究委員は、「延坪島(ヨンピョンド)砲撃の時のように長射程砲を通じた挑発や潜水艦・艦艇を利用した攻撃とかく乱が予想される」と話した。

北朝鮮が長射程砲で攻撃する場合、韓国軍は大砲兵レーダーであるアーサーやAN-TPQ/37レーダーなどで挑発原点を把握し誘導弾とK-9自走砲でただちに対応するという計画だ。同時にF-15KとKF-16など空軍戦力を利用し合同精密直撃弾(JDAM)などで洞窟などに潜伏した長射程砲陣地を攻撃するという方針だ。

軍が保有する各種ミサイル精密爆撃もオプションだ。チョン・スンジョ合同参謀議長は1日に中部圏の誘導弾司令部を訪問し、「いつでも攻撃が可能な状況を維持せよ」と指示した。特に命中率が高い巡航ミサイルは精密打撃が可能だ。軍は最近射程距離1000キロメートルの艦対地巡航ミサイルと潜対地巡航ミサイルを実戦配置した。可能性が高くはないが北朝鮮の核攻撃が明らかという判断があれば「先制打撃」も念頭に置いている。このほかにも現在韓半島周辺に訓練のため配置されている米軍勢力も参加するものとみられる。

軍はこれ以上言葉では対応しないという立場だ。北朝鮮は星4つの金英哲(キムヨンチョル)大将が声明を発表したが韓国は星2つの作戦部長が出てきた。合同参謀関係者は、「北朝鮮の声明にいちいち対応しないで作戦部長レベルで対応したことは実質的な警告の側面とともに、これからはいちいち言葉で対応しないという最後のメッセージ。2010年の哨戒艦攻撃と延坪島(ヨンピョンド)砲撃後、韓国軍は言葉でなく行動で見せるという意志で結集している」と話した。

北朝鮮の相次ぐ威嚇にも対北朝鮮情報監視態勢である「ウォッチコン」は平時水準の3段階を維持することにした。ただし対北朝鮮警戒態勢は強化して維持している。

外交通商部関係者は、「米国など同盟国ルートを通じ積極的に情報を共有して意見を交換している。北朝鮮の状況を見守り同盟国と有機的な協力策を講じるだろう」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP