주요 기사 바로가기

旭日旗の使用時は処罰…韓国議員、刑法改正案を発議

ⓒ 中央日報日本語版2013.09.26 10:56
0
セヌリ党の孫仁春(ソン・インチュン)議員は25日、旭日旗をはじめとする日本の帝国主義の象徴物を製作・使用できないようにする内容の刑法改正案を代表発議したと明らかにした。

改正案には、旭日旗をはじめとして日本の帝国主義を象徴する徽章や服などを韓国内で製作・流布したり公共交通、公演や集会、大衆が密集する場所で使ったりした場合、1年以下の懲役または300万ウォン以下の罰金に処する内容が盛り込まれた。

孫議員は「旭日旗に対する国際社会の認識の改善と、韓国の青少年の正しい歴史意識の育成のために改正案をつくった」と説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP