주요 기사 바로가기

【コラム】危機が去ったと言うのはよそう=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.09.24 17:10
0
チョン・シニョンさん(46、仮名)に電話をかけて遅めの秋夕(チュソク、中秋)の挨拶をした。大邱(テグ)のある在来市場で衣料品店を営む彼女を初めて知るようになったのは昨年4月。社債3600万ウォン(約332万円)に苦しめられて金融監督院の違法金融被害申告センターに連絡をしてきた。「日々の利子を返すのに銀のスプーンと箸、金の指輪を持ち出して売った」と涙声で話した。

家計負債の実態を取材するために連絡した記者を、彼女は優しく対応してくれた。時々、長い文字メッセージで近況を聞かせてくれた。「店をたたみました。保証金300万ウォンで借金を返しました。知人の店の中で小さな売り台を出して服を売ります」。「軍を除隊した長男が母親の借金を返すといって休学しました。それでも日々の利子はみな返したので良かったです」。「商売にならず、副業を始めました。夜に食堂で皿洗いをして野菜をそろえます。時給は悪くありません」。

今年の秋夕連休も彼女は働いた。1年の休学の末に復学した長男が連休前に訪ねてきて、こずかいを置いて行った。「連休の間、高速道路のサービスエリアでアルバイトをする」と言って。「息子が借金を返すために仕事をするのに、母親が遊べますか?」。チョンさんは1日も休まず店に出た。夕方8時から明け方2時まで食堂の仕事もした。「でも大いに良くなりました。もう借金も2000万ウォンしか残っていません。来年夏になれば半分ほどになります。3カ月前から積み立ても始めました」。

チョンさんも一時は華やかに生活していた。暮らし向きが大きく傾いたのが2回。1997年の外国為替危機の時に夫がやっていた繊維貿易会社が不渡りになった。夫は再起できず夫婦は遠ざかった。2番目の衝撃は2008年の金融危機に訪れた。在来市場に構えた衣料品店が軌道に乗ったところだった。「突然景気が悪くなると、お金が回らないのです。物を買うお金がなくて少しずつ金を借りて…」。

リーマンブラザーズの破たんから5年を迎えた先週、韓国は沸き返った。2008年秋に900ラインまで下落したKOSPI指数は2000ラインに落ち着いた。新興国の通貨価値が暴落する中、韓国には外国人資金が集まった。7月の経常収支は通貨危機以来の最大値。外信は「韓国は危機によく耐えている」(ウォールストリートジャーナル)、「低評価されていた韓国市場を注目する必要がある」(FT)と賛辞を送った。韓国内メディアも「体質が変わった」「10-12月期はさらに希望的だ」という楽観論を展開し始めた。チョンさんをふらつかせた2番目の危機も、すでに大きな峠を越したという話だ。

国の経済が危機を追い払ったとしても庶民はそうは出来ない。私たちが1997年の通貨危機を通して学んだ教訓のうちの1つだ。当時、追い立てられて退職の憂き目にあったベビーブーマー、社会人として初めての出発がこじれてしまったIMF世代は大部分が中産層に復帰できなかった。2008年の金融危機の時、貧困層へと追いやられたチョンさんのような人はまた、どれぐらいになるのだろうか。だから、株価が上がって経常収支が良くなっても、チョンさんが再び2人の息子と穏やかな秋夕を迎えるまでは、危機が過ぎ去ったと安易に言うのはよそう。

イム・ミジン経済部門記者

(中央SUNDAY第341号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP