주요 기사 바로가기

福島原発から5000キロ離れているが…ロシア産タラの涙(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.11 11:28
0
大型スーパーで水産物を担当するチェ・ヒョンソクさん(33)も「前年同期は一日平均10匹ほど売れたが、今年は一日5匹ならたくさん売れたほう」とし「購入する消費者がいないので、一部のスーパーはタラを水産物売り場で扱わないほど」と話した。

遠洋業界はタラの販売低調のため経営難に直面している。業界トップの思潮五洋は今年1-7月の月平均販売量が1230トンだったが、先月のタラ販売量は前月比11%の14トンにとどまった。ハンソン実業は今年1-8月のタラ販売量(7825トン)が前年同期(1万3618トン)の半分に減った。特に北西ベーリング海の操業分2398トンが今月初め入荷したが、日本放射能汚染水問題で売れず、倉庫に放置されている。

イ・チャンヨル(株)ドンナム社長は「SNSの怪談が続き、日々売り上げが落ちている状況」とし「現在国内に入ってくるタラは、事故が発生した日本の原発から5000キロ以上も離れている。放射能とは全く関係がないところで漁獲されている」と強調した。

 
遠洋業界は「汚染の恐れがある日本産のタラとは違い、ロシア産は安全だ」とし、消費心理の回復に力を注ぐ方針だ。国立水産科学院もこの日、「日本原発事故直後の2011年3月15日から遠洋産タラに対する放射能汚染度検査を実施しているが、これまで放射能が検出されたことはない」と明らかにした。


福島原発から5000キロ離れているが…ロシア産タラの涙(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP