주요 기사 바로가기

韓国で相次ぐ“類似番組”、視聴者も首かしげるが…(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.05 13:46
0
tvNが先月30日に放送した『パーフェクトシンガー』も類似性論争を引き起こした。歌手と非専門歌手が同じ歌で対決して、機械が点数をつけるという内容だ。日本のテレビ朝日『カンジャニの仕分け∞』のカラオケ対決コーナーと似ているという指摘が出た。歌手と非歌手がカラオケシステムを利用して歌の対決をし、原曲と同じ音程・リズムの技術点数にバイブレーションなど芸術点数を加算する形で点数を測定する方式が似ていたということだ。

視聴者の掲示板にも一部の画面構成まで似ていて盗作が疑われるという文が載っていた。『パーフェクトシンガー』側は「今回使ったVスキャナは、この番組のために国内企業が新しく開発した最先端設備であり、歌手チームと非歌手チームが100点満点に挑戦する方式が全く違う」として論争を一蹴した。

SBSが先月16、23日にパイロット番組として放送した『スーパーマッチ』はMBC(文化放送)の『私は歌手だ』と似ているという指摘が出た。先輩・後輩歌手が一堂に合同ミッション舞台を披露する『私は歌手だ』のデュオバージョンとして、新しいというよりも既視感が大きいという指摘が多かった。歌手別の控室シーン、事前インタビュー、共同MCキム・グラの歌手エスコート、競演後に歌手だけで集まって審査結果の発表を聞く場面などが似ていた。

Clazziquaiと一緒にやって優勝したYBバンドのユン・ドヒョンはマイクに拡声器を当てる音楽効果を演出したが、『私は歌手だ』の時も客席の反応が良かったものだ。『私は歌手だ』で共演したボビー・キムは「あ、あれ」という反応も見せていた。

もちろん企画の類似性は盗作論争とは違う。しかし「盗作」の是非が続くのは、それだけ放送関係者の創意性、実験性の不足を意味しているからだ。ケーブルで成功したかと思えばすぐに地上波がまねるケースも多くなっている。

百済(ペクチェ)芸術大学のミン・ソンウク教授は「KBSの『不朽の名曲』は、最初『私は歌手だ』の盗作だという指摘を受けたが次第に創意性を発揮してフォーマット(プログラム形式)を輸出することもした。類似性論争をひっくり返せるような差別化された内容を見せることがカギ」と話した。


�国で相次ぐ“類似番組”、視聴者も首かしげるが…(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国で相次ぐ“類似番組”、視聴者も首かしげるが…(2)

    2013.09.05 13:46
    뉴스 메뉴 보기
    『パーフェクトシンガー』(写真=tvN)。
    TOP