주요 기사 바로가기

【社説】国民が胸をなで下ろした大邱駅3重衝突=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.02 13:14
0
もっと大きな事故につながらずせめてもの幸いだ。先月31日に大邱(テグ)駅で発生した列車3重衝突は人命被害こそ発生しなかったが、事故の性格から見るとややもすると大惨事につながりかねなかったという点でひやりとする事故だった。

これまでの調査によると事故原因は人災に重点が置かれている。事故を起こしたムグンファ号の旅客専務は停止信号が出発信号に変わっていない状況で無線機で機関士に出発通知を送り、ムグンファ号の機関士は交信後に信号を確認せずに列車を出発させたことが明らかになった。その結果、上り線のムグンファ号は少し先に上り線を走行していたKTXの側面に追突し、このためにKTXの一部車両が下り本線に脱線し、ちょうど駅に入ってきた下りKTXが脱線した車両とぶつかる初めての3重衝突が発生した。

一言で鉄道従事者の油断と安全不感症が今回の事故を呼んだ核心原因であるわけだ。信号を確認し運行するという基本的なマニュアルすら守らずこうした事故が発生したという話だ。事故に接した国民は3重衝突というあきれた事故内容より、2重3重の安全装置を無用の長物にしたコレール職員の安全不感症にもっと憤怒している。

あきれた事実は事故直後に乗客が列車から降りて安全地帯に待避する過程を鉄道職員の助けを受けず自分で解決しなければならなかったという点だ。事故直後にこれを知らせる案内放送をしたのを除くと脱出時まで乗客が放置されたという話だ。事故も事故だが後処理がこのようにお粗末なことはもっと問題だ。顧客安全のためのコレールの態勢に公憤を呼び起こすのに十分といえるだろう。コレールは事故に備え乗客を保護するため列車と駅勤務者の非常時対応マニュアルを用意し訓練も実施する必要がある。

コレールのペン・ジョングァン社長代行は事故当日に国民向けの謝罪文を発表した。コレールの真の謝罪は事故原因を徹底的に調査し隠すことなく明らかにし、骨を削る努力で鉄道の安全水準を一段階引き上げることだ。今回の事故を契機に人材、施設、システム、マニュアルを総体的に点検する必要がある。乗客が最も望むのは安全対策であるためだ。

たとえこれまで事故がなかったとしても、ソウル駅、永登浦(ヨンドゥンポ)駅も今回の事故が起きた大邱駅のように高速列車のKTXと一般列車、電車などがすべて行き来し線路が重なったりもする。コレールは鉄道に対する乗客の不安拡散を防ぐためにも列車種別で線路を分離するなど類似事故の再発を根本的に防ぎ乗客の安全を守れる確実な改善策を出さなければならないだろう。今回の事故を契機にネジが緩んだ一部職員の安全意識もしっかり締め直さなければならない。そうしてこそ「鉄道は安全と同義語」という言葉を信じた顧客の信頼は失われないだろう。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP