주요 기사 바로가기

特許戦にオバマ変数…不利になったサムスン(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.05 09:02
0
◆サムスン、今後の交渉で不利に=輸入禁止措置が施行されれば、アップルは企業イメージに少なからず打撃を受けると予想された。その間、サムスンを“コピーキャット”と非難してきたが、アップルも特許技術を無断使用したことが“公認”されるからだ。

しかし拒否権の行使でこうした危機を免れることになった。アップルは「重要な懸案で革新を支持した政府に拍手喝采を送る」という立場を明らかにした。ただ、政府の力を背に不公正競争をするという目は避けられなくなった。

サムスンとアップルは世界で法廷攻防を繰り広げている。サムスンとアップルのITC対戦で残りは9日の判定だ。ITCはアップルがサムスンを相手取り起こしたスマートフォン特許侵害に対する最終判定を当初は1日に出す予定だったが、9日に延期した。これに先立ち予備判定では、ギャラクシーS・ギャラクシーS2・Nexus10などサムスンの製品がアップルの特許4件を侵害したと判定した。

最終判定で予備判定が覆った例は多くない。さらにアップルが侵害したのが標準特許である半面、サムスンは3件の商用特許と1件のデザイン特許だ。ITCが輸入禁止決定を下しても、また米政府が拒否権を行使する可能性は高くないということだ。

ITCがアップルの特許を侵害したという結論を出しても、サムスンが受ける直接的な被害は大きくない。輸入禁止対象が旧型製品であるからだ。ただ、サムスンのイメージには打撃が予想される。さらにアップルとの特許権交渉にも悪影響を及ぼす見込みだ。今回の決定でアップルが特許料交渉に積極的に臨む理由が消えたからだ。


特許戦にオバマ変数…不利になったサムスン(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP