주요 기사 바로가기

<東アジア杯>“韓国監督の助っ人”日本人コーチ、韓中行き来する強行軍の理由は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.07.24 16:48
0
サッカー代表チームのフィジカルコーチを担当している池田誠剛コーチ(53)が、24日に開かれる東アジアカップ2013の中国戦前後に韓国と中国を行き来する。

サッカー界事情に精通する関係者は22日「池田コーチが24日の昼に中国戦を控え、中国に渡って現所属チームの杭州緑城に復帰する。彼は中国で杭州緑城チームを見た後、25日に再び韓国に戻って日本戦に備える」として「日本戦を控えた27日の昼に再び杭州に出発する予定だ」と伝えた。

◆池田コーチの強行軍、なぜ?

池田フィジカルコーチは“洪明甫(ホン・ミョンボ)マジック”の核心だ。彼は試合当日、目で確認するのが難しい選手のコンディションを正確に推し量る役割をする。

韓国代表チームの洪明甫監督をはじめとする韓国人コーチングスタッフは、試合2~3日前に選手たちの戦術適応もチェックし終える。そして試合前日、池田コーチが専門に担当して作成する体力関連データを通じてコンディションを確認する。洪監督は、池田コーチが1日前に提供する選手団のコンディション情報をベースに先発名簿を組む。体系的な訓練を通じてチェックするので信頼度が非常に高い。洪監督は2012ロンドンオリンピックにおいて、池田コーチのデータの恩恵をたっぷりと目の当たりにした。

ところで今シーズンに池田コーチと契約した杭州緑城もやはり“池田効果”を享受している。杭州緑城を率いる岡田武史監督は、池田コーチの早稲田大学の先輩だ。杭州緑城は特級スターがいないにもかかわらず選手たちの体力データを積極的に活用して中位圏の成績を維持している。

◆洪明甫マジックの核心

洪監督は代表チーム監督職を引き受けると同時に池田コーチを代表チームに迎え入れたかったが、杭州緑城との契約のため不発に終わった。洪監督は岡田監督に「東アジア杯で代表チームメンバーの体力関連データを確保するのがとても重要なので、池田コーチをしばらくこちらに送ってほしい」と依頼した。

池田コーチは杭州緑城と契約する時、「洪監督が呼べばいつでも違約金なしにチームを離れることができる」というオプションを契約書に含めていた。「機会があれば必ず共に再び仕事をしよう」という洪監督との約束を守るためであった。だが洪監督に劣らず親交が深い岡田監督との関係を断絶して洪明甫号に乗船するのは心的負担が大きかった。結局、池田コーチは今年末まで杭州緑城に残り、来年から韓国サッカー代表チームのフィジカルコーチを担当することにした。

当初池田コーチは、今回の東アジアカップで23日まで代表チームをサポートしてから中国に出発する予定だった。だが洪監督との義理を守るために強行軍を押し切って中国と韓国を行き来することにしたことが分かった。

サッカー協会のある関係者は「池田コーチは今年1年間はAマッチなどの日程がある時に、時々パートタイマーで代表チームのフィジカルコーチとして活動する予定」としながら「フィジカルコーチが代表チームとクラブチームを行き来するのはよくある話ではないが、それだけ池田コーチの力量が優れているという証拠だと解釈してほしい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東アジア杯>“韓国監督の助っ人”日本人コーチ、韓中行き来する強行軍の理由は?

    2013.07.24 16:48
    뉴스 메뉴 보기
    韓国代表チームの洪明甫監督と池田誠剛コーチ
    TOP