주요 기사 바로가기

<東アジア杯>韓国チーム、中国の“恐韓症”の歴史を再開できるか

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.07.24 10:27
0
中国の“恐韓症”の歴史が再び始まるのだろうか。

洪明甫(ホン・ミョンボ)監督が導く韓国サッカー代表チームは24日、京畿道(キョンギド)の華城(ファソン)総合競技タウンで中国と東アジアカップ2013第2戦(JTBC単独中継)を行う。“13億人の大国”中国というが、韓国との歴代戦績では1勝11引き分け16敗で絶対劣勢を免れていない。2010年2月の東アジアカップで中国に0-3で完敗する前まで、韓国はただの一度も中国に勝利を許したことはなかった。

恐韓症の歴史は1978年12月のタイ・バンコクで行われたアジア競技大会から始まる。当時、中国と初めて正面対決を広げた韓国は車範根(チャ・ボムグン)の決勝ゴールで1-0の勝利をおさめた。この試合から12日後、韓国はアジアカップ予選で中国と再び対決することになり、許丁茂(ホ・ジョンム)の決勝ゴールを通じ1-0で勝利した。

1980年代初期、韓国は中国と3競技連続で引き分けたが、1986年9月のソウルアジア競技大会で再会し、朴昌善(パク・チャンソン)、金鋳城(キム・ジュソン)、イ・テホ、曺敏国(チョ・ミングク)の連続ゴールで4-2の楽勝をおさめ、金メダルに有利にコマを進めた。それ以降、韓国は中国戦で4連勝をおさめている。

1990年代のダイナスティーカップや定期戦を通じて中国と対決して韓国は5勝4引き分け無敗の戦績を残した。2000年1年間で3回の正面対立あったが、2勝1引き分けをおさめた韓国は2002年の評価戦を行った後は、2003年以降、東アジアカップを通じてのみ中国と対戦した。

ところがオリンピック代表チームでも中国を相手に7勝1引き分けで無敗だった韓国は、許丁茂監督が導いた2010年2月、中国に前半2ゴール、後半1ゴールを与えて0-3で完敗する屈辱を受けた。

悪縁もあった。1998年6月のフランスワールドカップ(W杯)を控えて行われた定期戦では、黄善洪(ファン・ソンホン)が試合前半に相手ゴールキーパーのタックルを受けて倒れ、左側膝前方十字靭帯が破裂する重傷を負った。また、2000年7月には韓国に0-1で敗れた後、中国観衆が韓国観衆に集団暴行を加えて太極旗が破かれる事態も起きていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東アジア杯>韓国チーム、中国の“恐韓症”の歴史を再開できるか

    2013.07.24 10:27
    뉴스 메뉴 보기
    韓国サッカー代表の洪明甫(ホン・ミョンボ)監督。
    TOP