주요 기사 바로가기

【コラム】韓流と韓国、行く道はまだ遠い(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.07.12 14:35
0
ついこの前、米国のサンフランシスコに出張に行った時の話だ。アジア系米国人が多い所であるにもかかわらず、また、その「北朝鮮から来たのか、韓国から来たのか」という質問を受けた。賢く、修士学位があり、年俸で20万ドルをもらっているような人々だった。韓国に住んでいる私たちには話にもならない質問だが、この質問は依然として有効だ。これがまさに、韓流の行く道がまだしばらく遠いということを意味するのではないだろうか。彼らが知っている韓国についての事実は「南と北に分断された国」ということだけだった。不便な真実だ。

韓国人の母親と米国人の父親を持つ私は、非公式な韓国広報大使のように感じる時が多い。世界に韓国を知らせるトークショーの進行者を天職と感じて楽しく仕事をしている。そうするうちに、こうした状況がより惜しく感じられる。痛い真実を受け入れて冷静に分析しなければ、韓流はさらなる発展をすることはできない。 

韓半島を国際社会が注目するのは、北朝鮮のぽっちゃりとした(あるいはぼってりとした)若い指導者(そして彼の父親と祖父)のためである場合が多い。PSYの馬ダンスよりも、北朝鮮の若い指導者がさらに注目を浴びているようだ。もちろん広報業界の立場では、悪い広報も良い広報になりうるのだが、やはりじれったい思いがある。

ここで一つ皮肉に感じられるのは、PSYと北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は2人とも、やせずとも自分たち本来の姿そのままで世界的なスーパースターになったという点だ。やせて時には整形もしなければならない韓流スーパースターとは違った点だ。少女時代が10キロずつ太ればどうなるだろうか?それならアーカンソー州の平凡な農夫もK-POPが北朝鮮ではなく韓国のことだということが分かるようになるだろうか?気になる。

(中央SUNDAY第330号)


【コラム】韓流と韓国、行く道はまだ遠い(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP