주요 기사 바로가기

<アシアナ機着陸失敗>訓練機長「どこかから閃光…しばらく前が見えなかった」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.11 08:54
0
このようにイ・ジョンミン機長が自動推力調節装置が作動しなかったと述べたことで、NTSBはイ機長の陳述が一致するかどうかを確認する方針だ。この自動推力調節装置はB777機種の場合、左側機長席の上段に2つの小さなレバー型スイッチ形態である。

ハースマン委員長は「調査チームが操縦席に入って確認した結果、調節装置スイッチが活性化していたの(auto throttles were armed)は合う」とし「これは作動する準備ができているという意味であり、実際に作動したかどうかは状況によって違う」と説明した。また「自動推力調節装置が問題なら、それが機械的な欠陥なのか、操縦士が作動方法を誤解したかは明確でない」とし「正確な結果は飛行データ記録装置を高度別に確認し、当時の調節装置がどんなモードだったか、操縦士が飛行中に調節装置モードをどう設定したか確認する必要がある」と述べた。

NTSBは発表しなかったが、イ・ガングク訓練機長はこの日の面談で、「500フィートで着陸誘導灯を見た後、どこからか閃光があり、しばらく前が見えなかった」と話したという。

事故被害状況に関する追加報告も続いた。NTSBは「防波堤に衝突した当時、飛行機の尾部よりランディングギアが先に衝突し、尾部が衝突しながら乗務員2人がはじき出された(ejected)」と説明した。

韓東万(ハン・ドンマン)サンフランシスコ総領事は「現在、サンフランシスコ現地に入院中の乗務員は4人」とし「このうち2人は重傷だが、命に別条はない」と伝えた。国土交通部の集計では、事故機の乗客のうちサンフランシスコ現地で入院中の負傷者は25人。
<アシアナ機着陸失敗>訓練機長「どこかから閃光…しばらく前が見えなかった」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP