주요 기사 바로가기

<アシアナ機着陸失敗>“操縦室の第3の人物” 交代副機長「警告したが返事なかった」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.10 11:08
0
アシアナ航空機の事故当時、イ・ジョンミン機長(49)とイ・ガングク機長(46)だけでなく、もう一人の操縦士が操縦室に一緒にいたことが明らかになり、真相究明の新たな核心要素に浮上している。

国土交通部は9日、「ボン・ドンウォン副機長(41)が事故機が着陸する当時、操縦席の後ろから状況を見ていた」と明らかにした。特に、ボン副機長は着陸当時、操縦の異常兆候について警告したことが伝えられ、大きな関心を集めている。

事故が発生したアシアナ航空(OZ)214便は長距離飛行機便であるため、操縦士4人が搭乗し、2人1組の2交代で運航した。イ・ジョンミン-イ・ガングク機長、イ・ジョンジュ機長(53)-ボン・ドンウォン副機長(53)の2組だ。

事故発生当時はイ・ジョンミン-イ・ガングク機長が操縦席に座り、一種の教育訓練飛行である「慣熟飛行」をしていた。2人は米国に派遣された国土交通部航空鉄道調査委員会の調査でいくつか食い違う陳述をした。特に核心要素であるゴーアラウンド(再上昇)時点について、イ・ジョンミン機長が200-100フィート程度と話したのに対し、イ・ガングク機長は110フィート地点と述べたという。

もちろん2人は混乱した状況で緊急な決定を下さなければならなかったため、当時の状況を正確に思い出せない可能性があり、陳述が異なる可能性がある。ボン副機長の存在が重要な意味を持つのはこのためだ。

当初2人の交代操縦士は着陸過程とは関係がないと知られ、関心の対象ではなかった。しかしボン副機長が事故の瞬間、操縦室に一緒にいたことが明らかになり、事情は変わった。

ボン副機長は操縦席の後ろの席で着陸過程を最後まで見守った一種の目撃者であるうえ、責任の所在から比較的自由であるため、陳述の客観性も期待できる。

実際、ボン副機長の場合、高度が1000フィート以下になった後、下降速度が速いため「下降率(sink rate)」を叫んだ。ボン副機長は面談で「何回か叫んだが、前の席の2人の機長からは返事がなかった」と述べた。

米運輸安全委員会(NTSB)が8日(現地時間)、操縦士4人に対する面談調査を行い、当初2時間と予定されていたボン副機長の調査時間を4時間以上に増やしたのも、それだけボン副機長の陳述を重視しているという傍証だ。

ボン副機長は空軍戦闘機操縦士出身で、07年にアシアナ航空に入社した。現役時代には韓国空軍の主力機種F16戦闘機を操縦していた。中型機A320の副機長を経て、大型機B777の副機長を務め、現在718時間のB777運航経験を持つ。

ボン副機長と同じ組だったイ・ジョンジュ機長(53)も軍出身だ。1995年にアシアナ航空に入社し、大型機B747副機長、中型機B767機長を経て、B777の機長になった。B777運航経験は計3402時間で、イ・ジョンミン機長より長い。
<アシアナ機着陸失敗>“操縦室の第3の人物” 交代副機長「警告したが返事なかった」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アシアナ機着陸失敗>“操縦室の第3の人物” 交代副機長「警告したが返事なかった」(1)

    2013.07.10 11:08
    뉴스 메뉴 보기
    8日(日本時間)、米サンフランシスコ国際空港で、韓米合同調査団の関係者がアシアナ事故飛行機を調査している。
    TOP