주요 기사 바로가기

<アシアナ機着陸失敗>着陸時の速度速かった…操縦ミスか、機体欠陥か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.08 08:43
0
アシアナ航空機事故の原因が明らかになるには長くかからない見通しだ。疑問を解く決定的要因であるパイロットの証言とブラックボックスがすべて確保された状況であるためだ。事故の瞬間に対する乗客と目撃者の多様な証言も出ている。

これを通じて類推できる事故原因は大きく4種類だ。機体欠陥、パイロットのミス、気象など突発変数、故障した施設の影響だ。国土交通部のチェ・ジョンホ航空政策室長は、「現時点では事故原因を予断できない。現地に派遣された国土交通部事故対策班と米国家運輸安全委員会(NTSB)の合同調査を待つほかない」と話した。

原因としてまず考えられるのは機体欠陥だ。機体で欠陥を起こす部分はエンジン、重力制御システム、航法装置、ランディングギア、尾翼が挙げられる。事故機は1カ月前にサンフランシスコ空港でエンジンから燃料が漏れる問題が発見され1日以上整備を受けていたことがわかった。これに対してアシアナ航空の尹永斗(ユン・ヨンドゥ)社長は、「(事故前に)事故が起きそうだという案内放送はなく、正常な着陸準備放送もあった」として機体欠陥の可能性を否定した。

着陸過程で機体が強い突発性下降気流の影響を受けた可能性も排除することはできない。着陸直前の飛行機の滑走路進入角度が急で高度が低かったという点は乗客と目撃者の大部分が指摘している。ロサンゼルスタイムズは、「航空機が滑走路に衝突する直前に防波堤に接触した可能性もある」と空港周辺目撃者の話として報道した。着陸の瞬間に強い突発性下降気流が飛行機を下へ押しつけた可能性も排除できない。ファーストクラスとビジネスクラスの搭乗者は事故が起きたこともわからなかったという。機体異常を知らせる事前の案内放送がなかったという点もこうした推定を可能にする。

サンフランシスコ空港の施設が事故に影響を及ぼした可能性もある。旅行専門紙のトラベル&レジャーマガジンによると、この空港では2006年から2010年にかけ、米国で4番目に多い55件の離着陸事故が発生した。海に面しており霧がしばしば発生するほか、防波堤と滑走路が隣接している。事故当時は電波を通じて着陸ルートを知らせる計器着陸装置のグライドスロープが故障していたことが明らかになった。国土交通部のチャン・マンヒ運航政策課長は、「この装置が故障していれば滑走路を変えて着陸を試みてもかまわないが、ちょうど天気が良く手動着陸を選択したとみられる」と話した。

それにもかかわらず、操縦ミスの可能性を提起する証言は相次いでいる。非常口近くに座っていた乗客は本紙との電話インタビューで、「着陸の瞬間飛行機の速度はとても速かった。最初に旅客機が地面につこうとする瞬間に再び上がろうとしたがすぐにぶつかった」と話した。他の乗客も着陸過程を非正常的に感じたと伝えた。助けを求める管制塔との交信が事故後にあったという点も着陸過程で問題があったという推定を可能にする。国土交通部は「機長が着陸後に管制塔との交信で『救急車が必要だ』と話した」と明らかにした。事故直前に普段と同様に着陸に備えるよう案内放送が行われた点も機体欠陥などより操縦ミスの可能性を後押しする部分だ。

しかも着陸過程で操縦を担当したイ・ガングク機長はB777型機への転換訓練を受けている最中だった。この機種の運航経歴は43時間で、サンフランシスコ空港は初めてだった。着陸過程に無理があった可能性を排除することはできない。

こうした推定に対して尹社長は、「機長は(機種は違うが)運航時間1万時間前後のベテラン」とし、操縦士の過失に対する予断を警戒した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP