주요 기사 바로가기

韓国のロッテ百貨店、世界3位…『グローバル2000大企業』デパート部門で日本おさえる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.17 08:28
0
韓国のロッテショッピングは米国の経済専門誌「フォーブス」が選定した『グローバル2000大企業』のグローバルデパート部門3位になったと16日明らかにした。

ロッテ百貨店を主力系列会社に保有するロッテショッピングは、資産346億ドル、売上222億ドル、純利益10億ドル、時価総額103億ドルを記録し、デパート部門で昨年より1つ上がった3位になった。

デパート部門1位はフランスのプランタン、2位は米国のメイシーズが占めた。米国のTJXコス、チリのファラベラ、米国のコールス、英国のマックス&スペンサー、日本の伊勢丹三越、米国のノードストローム、フィリピンのSMはロッテショッピングに続きグローバルデパート順位の4~10位に名前を連ねた。

ロッテショッピングはアジア企業の中の1位で、韓国内デパートでも唯一順位に上がった。全2000の大企業のうちデパート部門には16のグローバル企業が順位に含まれた。

フォーブスは2003年から世界有数の企業の資産・売上・純利益・時価総額を根拠に毎年グローバル2000大企業を発表している。ロッテショッピングは全体順位では470位で昨年の518位よりも48段階アップした。韓国企業ではサムスン電子が全体順位で20位、現代(ヒョンデ)自動車が89位、ポスコが184位を占めるなどフォーブスグローバル2000大企業の中に64社が入った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP