주요 기사 바로가기

韓国ロッテ酒類『清河』、日本清酒の売り上げ超える=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.04 13:43
0
1/2
韓国ロッテ酒類『清河(チョンハ)』のポスター。
韓国ロッテ酒類が販売する代表的な低アルコール酒『清河(チョンハ)』が、今年の第1四半期の単一ブランド売り上げ基準で韓国国内に輸入される日本の清酒の売り上げ高を上回った。

韓国関税庁と関連業界によれば、約50の企業等が1000余りのブランドを輸入・販売している清酒市場の今年の第1四半期の市場規模は、販売額(原価+流通マージン)基準で約105億ウォン(約8億6700万円)。ロッテ酒類の『清河』は、2000年中盤以降の景気不況にともなう消費心理萎縮と多様な果実酒発売などにもかかわらず、粘り強いマーケティング活動により今年1四半期で約110億ウォン(約9億1000万円)の売り上げを記録し、清酒売り上げ高を上回った。

1986年に発売されて25年以上にわたり韓国内の低アルコール市場の代表ブランドとして市場を守ってきた『清河』は、難しい条件の中でも年間4000万本ほど売れていて、特に去年には381億ウォン(約31億4700万円)の売り上げを達成するなど最近5年間で年平均6.2%成長し、低迷した低アルコール市場で国内製品の地位を保っている。

ロッテ酒類は今年、『清河』単一ブランドで売り上げ420億ウォン(約34億6900万円)以上を目標にし、主な消費層である若い酒愛好家を対象にしたマーケティング強化に出る予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP