주요 기사 바로가기

日本に取られた原発受注…韓国のみすぼらしい金融競争力が原因(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.14 10:52
0
今月初めに安倍晋三首相はトルコのエルドアン首相との首脳会談で原子力発電所建設事業契約に署名した。韓国が3年余りにわたり力を入れてきた220億ドル規模のトルコの原発事業権が日本に渡る瞬間だった。2010年6月に韓国は原発事業協力覚書を締結し日本との競争で一歩リードした。だが、金融競争力が足を引っ張った。4基の原発を作るには70%ほどをプロジェクトファイナンスで調達しなければならないが、韓国の金融会社は資本力と経験が不足していた。調達金利も韓国は日本より1~2%高い水準を提示した。ソウルファイナンシャルフォーラムのキム・ギファン会長は、「韓国の金融産業が製造業に比べ後れており、自らの役割をできずにいる。新成長動力と雇用を作る創造経済を実現するためには韓国金融の体質改善が必要だ」と話す。

産業の動脈となる金融は付加価値と雇用創出効果が大きい産業だ。しかし韓国の現状はみすぼらしいことこの上ない。世界経済フォーラムによれば韓国の金融競争力は144カ国で71位、順位が低いほど政府規制が多いことを示す自律性は114位にすぎない。韓国の国家競争力19位をはるかに下回る水準だ。世界10位圏の経済規模に、サムスン電子・現代自動車などグローバル代表企業が大挙布陣した韓国で、金融会社トップの新韓金融グループの世界ランキングは51位(ザ・バンカー誌選定グローバル金融ブランド500)にとどまっている。韓国ドイツ銀行グループのキム・スリョン会長は、「海外買収合併やプロジェクトファイナンスなど韓国企業のグローバル金融サービス需要すら満たせずにいる」と指摘した。

これは自ら招いた結果という指摘が多い。製造業が海外進出を通じ外貨獲得に出る時に金融会社は簡単な国内営業にだけ力を注いだということだ。金融監督院が13日に明らかにしたところによると、昨年韓国の銀行が預金と貸し出し利子の格差で稼いだ金額は全利益の90%で、前年の82.1%より高まった。長期的成長動力を求めるよりは寡占的地位を利用した預貸マージン収益に重点を置いているという話だ。

一部金融会社は海外に目を向けているが、まだ「井の中の蛙」水準だ。韓国系銀行海外店舗の当期純利益は銀行全体の当期純利益の約7%にすぎない。日本の主要銀行の26%(2011年基準)にはるかに及ばない。銀行を除く他の金融会社は最初から赤字だ。海外店舗資産が総資産に占める割合も昨年上半期基準で銀行が3.9%、証券会社が0.8%、生保が0.1%、損保が1.2%にすぎない。
日本に取られた原発受注…韓国のみすぼらしい金融競争力が原因(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP