주요 기사 바로가기

<サッカー>日本メディアを驚かせた浦項 「Jリーグチャンプが屈辱」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.04.04 16:23
0
日本が浦項スティーラーズのパスサッカーに驚いた。 パスならJリーグが1枚上と考えていたようだ。

浦項は2日、広島で行われたアジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグG組第3戦で、サンフレッチェ広島を1-0で降した。

日本メディアは驚いた表情だ。 日本のサンケイスポーツ電子版は3日、「昨季Jリーグチャンピオンの広島が浦項のパスサッカーに敗れた。 浦項は鋭いパスで主導権を握り、広島を圧倒した」と伝えた。 サンケイスポーツは「99年にJリーグのセレッソ大阪でプレーし、得点王になった」と黄善洪(ファン・ソンホン)監督をを紹介し、「広島の選手は浦項の強いプレスと組織的な守備に苦しんだ」と伝えた。

広島は昨年Jリーグで19勝8敗7分けをマークし、ベガルタ仙台と浦和レッズを抑えて優勝した。 中盤が強いという評価を受けたチームだ。 昨年に比べて選手の変化も大きくない。 しかし浦項の組織力に封じられ、2日の試合では前半のシュートがわずか2本に終わった。 後半に反撃に出たが、浦項の守備を崩すことはできなかった。

ゴールドットコム日本版の奥大地分記者も「アウェーの浦項は無理をせず落ち着いて試合をした。 決勝ゴールを決めた後も時間をうまく使った」とし「アジア舞台での経験の差とチーム全体の組織力からこうした結果が出た」と分析した。

黄善洪監督は「日本屈指のパスサッカーをする広島との対戦なので、徹底的に準備をした。 前半は選手がうまく動いてくれた」とし「後半は体力が落ちて苦戦したが、相手の強みをうまく防いだ。 ホームではより良い姿を見せたい」と自信を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>日本メディアを驚かせた浦項 「Jリーグチャンプが屈辱」

    2013.04.04 16:23
    뉴스 메뉴 보기
    韓国・浦項は2日、広島で行われたアジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグG組第3戦で、サンフレッチェ広島を1-0で降した。
    TOP