주요 기사 바로가기

緊張する韓半島…北はラジオで空襲警報発令、延坪島では住民が避難騒動

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.22 08:52
0
#状況1:「空襲警報、空襲警報です。各級部隊と単位は敵の空中打撃から被害を防ぐための対策を早く立てなければいけません」。 21日午前9時32分、北朝鮮官営ラジオの朝鮮中央放送を通じてアナウンサーの緊迫した声が流れた。「訓練状況」という話はなく、現実のように空襲警報が発令されたのだ。「朝鮮人民軍放送」という説明もあった。北朝鮮はこうした内容を6回繰り返し放送した。午前10時29分、「空襲警報解除」という報道が出てきた。

北朝鮮が第3放送(内部用有線放送)でなくラジオで空襲警報を出したのは異例だ。

#状況2:「実際の状況です。住民の皆さんは避難してください」。この日午前11時45分。延坪島のあちこちに設置されたスピーカーから住民避難放送が流れた。延坪村役場の職員およそ10人が無線機などを持って避難所に駆けつけ、数百人の住民も避難した。海兵隊延坪部隊が村内に放送をするラインを遮断せず訓練を行ったために発生した騒ぎだった。北朝鮮の威嚇に不安を感じていた住民は胸をなで下ろした。

南北で似た時間に起きた2つの状況は緊張が高まっている韓半島の状況をよく表している。北朝鮮の対南挑発脅威とこれに対応する韓国軍の激しい対立局面で生じたのだ。

北朝鮮軍最高司令部(司令官・金正恩)はこの日も「核で威嚇すれば、それよりさらに強い核攻撃で対抗する」と強調した。キーリゾルブ韓米合同軍事訓練に米B52戦略爆撃機などが参加したことに対する非難だ。こうした反応は、韓国戦争(1950-53)当時に北朝鮮軍を恐怖を陥れたB29爆撃機に対するトラウマが作用したと解釈される。

金正恩は20日、無人攻撃機訓練を参観した。軍関係者は「米国産の高速標的機ストリーカー(MQMー107D)を改造した無人攻撃機の実戦配備を初めて公開した」と述べた。金正恩は「超精密無人打撃機の飛行航路と時間、南半部上空までの距離を計算して打撃能力を検閲したが、敵のどの対象物も超精密打撃できるということが確証された」と主張した。続いて「降伏書に判を押す奴もいなくなるほどすべて吹き飛ばせ」という極端な言葉も吐いた。

韓米の「武力デモ」の強度も高まった。来月末まで続く韓米連合訓練のトクスリ演習に、米国の最新鋭ステルス戦闘機F22ラプターを投入することにした。1平方メートルの目標物を200-240キロの距離から識別できるレーダーを備えた先端戦闘機だ。軍関係者は「金正日(キム・ジョンイル)は生前にラプターが韓半島に入ってくれば公開活動を中断するなど、敏感な反応を見せてきた」と話した。

ラプターとB52戦闘爆撃機、原子力潜水艦が北朝鮮の最高指導部を緊張させる3大武器ということだ。金正恩が20日、トマホーク巡航ミサイル迎撃訓練を参観したのも、キーリゾルブのために投入された米第7艦隊所属の原子力潜水艦「シャイアン」を意識した行動という分析だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP