주요 기사 바로가기

<フィギュア>「キム・ヨナが審判買収」 日本ネットユーザーが悪意の主張

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.16 10:35
0
“フィギュアクイーン”キム・ヨナ(23)の名演技にもかかわらず、日本ネットユーザーの難癖は相変わらずだった。

キム・ヨナは15日午前(日本時間)、カナダ・オンタリオ州ロンドンで開催された2013年国際スケート競技連盟(ISU)世界フィギュアスケート選手権大会女子シングルのショートプログラム(SP)で69.97点をマークし、首位に立った。一方、日本の浅田真央(23)はジャンプのミスが続き、62.10点で6位にとどまった。

キム・ヨナは1位になったが、審判の評価が厳しいという反応が続いた。ジャンプで特にミスはなかったが、トリプルフリップでロングエッジ判定を受け、レベル4(3.2点)を予想していたフライングキャメルスピンでもレベル3(2.8点)判定を受けた。一方、ともにジャンプでミスをしたカロリーナ・コストナー(イタリア、2位、66.86点)と浅田真央は比較的高い点数を受けたため、疑問はさらに膨らんだ。

しかし日本ネットユーザーの反応は違った。キム・ヨナに対する審判の評価が高すぎるということだ。ヤフージャパンなど日本主要ポータルの掲示板には「審判買収説」という悪意の主張が出ている。

ある掲示板では「悪い演技ではなかったが、70点近い点数はあまりにも高すぎる。韓国側が賄賂を渡したのではないかと疑う」「トリプルアクセルのような高難度の技もないのにこの点なら、どれほどお金を渡したかが気になる」「キム・ヨナの実力は高いが、政治的な駆け引きをスポーツに持ち込んだ韓国は悪い国だ。キム・ヨナは韓国と決別するべきだ」「すでに韓国は、ロンドン五輪で朴種佑(パク・ジョンウ)が『独島(ドクト、日本名・竹島)はわが領土』パフォーマンスをした後、政治的なロビー介入が明らかになっている。もうフィギュアは見たくない」「キム・ヨナの演技を称賛した親韓メディアは覚醒すべきだ」などのコメントが続いた。

一方、「韓国の選手が優勝しても認めるべきことは認めよう」「キム・ヨナは金メダルを首にかけて演技すればどうだろうか」と称賛のコメントも一部あった。

フリーで最後の順番で演技するキム・ヨナは17日午前11時46分に出場し、4年ぶりの世界選手権優勝に挑む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>「キム・ヨナが審判買収」 日本ネットユーザーが悪意の主張

    2013.03.16 10:35
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヨナ(後ろ)と浅田真央
    TOP