주요 기사 바로가기

<フィギュア>SP1位のキム・ヨナ、世界選手権優勝の可能性「73%」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.03.15 18:01
0
“フィギュアクイーン”はほとんど逆転を許さない。 ショートプログラム(SP)で1位になったキム・ヨナ(23)の優勝の確率は73%だ。

キム・ヨナは15日(日本時間)、カナダ・オンタリオ州ロンドンのバドワイザーガーデンで行われた2013世界フィギュア選手権大会女子シングルSPで69.97点(技術点36.79点、芸術点33.18点)をマークし、トップに立った。

キム・ヨナは06年にシニア舞台に登場して以来、計20回の国際大会に出場した。 このうちSPで1位になったのは15回。 SPで1位になった後、フリーで逆転を許したのは4回しかない。 すなわち、SPで1位になった場合、優勝する確率は73%にのぼる。

キム・ヨナはシニアデビューした06-07シーズンに2回、逆転優勝を許した。 その後、08年12月に京畿道高陽で開催されたグランプリ(GP)ファイナルで逆転を喫した。 ホームで熱烈な応援を受けたのがむしろ負担となった。 最後の逆転は2年前にロシア・モスクワで開催された2011世界選手権大会だった。 2010世界選手権大会以来1年ぶりに競技に登場したキム・ヨナはSPで印象的な演技を見せたが、フリーでジャンプミスが続き、2位に順位を落とした。

キム・ヨナがシニア舞台でフリー1位になったのは20回のうち13回。 五輪シーズンには5大会で4回も1位になった。 キム・ヨナがミスさえしなければ、優勝を期待してもよい。

一方、女子シングル2位はイタリアのカロリーナ・コストナー(66.86点)で、日本の村上佳菜子がその後に続いた。 今季5大会(日本選手権含む)連続優勝で期待を集めた浅田真央はジャンプでミスを連発し、6位にとどまった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>SP1位のキム・ヨナ、世界選手権優勝の可能性「73%」

    2013.03.15 18:01
    뉴스 메뉴 보기
    フィギュアのキム・ヨナ。
    TOP