주요 기사 바로가기

韓米合同キー・リゾルブ訓練開始「北の挑発時には実際対応」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.11 08:49
0
こうした中、陸海空合同訓練のため元山(ウォンサン)に大規模兵力を集中させている北朝鮮軍は、10日現在特別な挑発の動きを見せていないと軍当局は把握している。北朝鮮は9日、開城(ケソン)工業団地出入りのための韓国側との通信も正常に進めた。

ただ、朝鮮人民軍の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)総参謀長は9日午後に板門店北側地域を視察したことが確認された。軍関係者は、「北朝鮮軍は最近板門店北側地域に韓国軍の動向を把握するために監視カメラを設置した。北朝鮮軍の警戒態勢を点検しこの施設を視察したものなのか挑発を指示したものか分析中」と話した。韓国軍は昨年3月初めの金正恩(キム・ジョンウン)の板門店訪問後異例な軍高官の訪問のため注目している。

延坪島(ヨンピョンド)対岸の最前方地域を訪問し「全面戦争準備」を指示した金正恩第1書記は平壌(ピョンヤン)のバスケットボール場を訪問した。

しかし北朝鮮住民らは米国の核攻撃が差し迫ったという恐怖感から戦争準備に準じた緊迫した非常体勢に入ったという。北朝鮮専門メディアのデイリーNKは消息筋の話として、内部放送を通じた核待避教育が実施されており、郵便局と放送局・新聞社が地下坑道に移動し始めたと報道した。また「一部住民は非常食料の確保に忙しい」と伝えた。国防部当局者は、「現在北朝鮮軍は暴風前夜の静かな動きを見せているが、ヒットアンドアウェイ式の挑発の可能性が高く鋭意注視している」と話した。




韓米合同キー・リゾルブ訓練開始「北の挑発時には実際対応」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP