주요 기사 바로가기

<WBC>永遠のライバル、韓国・日本(2)…「否定できない実力差」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.02 15:51
0
韓国プロ野球は82年、世界選手権大会の優勝で始まった。韓国野球は日本から学び、日本を越えようとしながら急速に成長した。世界の野球祭り、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は結果的に韓日戦の拡大版だった。日本は06、09年大会ともに優勝した。韓国は日本と名勝負を繰り広げた末、06年が4強、09年が準優勝だった。WBCで両チームの成績は4勝4敗。2日に始まった第3回WBCも結局、韓日戦が核心になると予想される。

韓国と日本は50年代から国際大会で対戦している。日本はすでにプロ野球をスタートさせ、韓国は草野球を抜け出そうとするレベルの時期だった。82年に国内で開催される大会のため、韓国は金始真(キム・シジン)・張孝祚(チャン・ヒョジョ)らアマチュア最高選手のプロ入団を先送りすることにした。奇跡のような逆転優勝は、サッカーが中心だった韓日戦の面白さを野球に引き込んだ。

しかし試合で一度勝ったからといって、両国のレベルの差が狭まるわけではなかった。90年からプロオールスターが出場した韓日スーパーゲームでは、韓国が5勝8敗3分けと劣勢だった。実際の実力差はこの成績以上に大きかった。韓国チームはプロ野球の最高選手が出場したが、日本チームは精鋭選手と1.5軍の選手を集めて試合に臨んだ。96年の“国宝投手”宣銅烈(ソン・ドンヨル、中日)をはじめ、日本プロ野球に進出した選手は多いが、成功した選手は多くない。韓国が実力が下であることは否めなかった。

国際野球連盟(IBAF)は90年代後半、プロ選手の国際大会出場を認めた。韓日戦に変化が表れ始めたのはこの頃からだ。韓国は98年のバンコクアジア競技大会にプロ野球ドリームチームを組んで出場した。LAドジャースで活躍した朴賛浩(パク・チャンホ)も韓国代表に合流し、アマチュア選手で構成された日本に決勝で13-1で大勝した。

衝撃を受けた日本は00年シドニーオリンピック(五輪)からプロ選手を送りだした。韓国は予選と3位決定戦で日本を連破した。“日本キラー”具台晟(ク・デソン)の好投と“国民打者”李承ヨプ(イ・スンヨプ)の一発のおかげだった。
<WBC>永遠のライバル、韓国・日本(傂)…「あの時のあの本塁打とバント」

<WBC>永遠のライバル、韓国・日本(3)…戦争のような韓日戦

<WBC>永遠のライバル、韓国・日本(4)…第3回大会は両リーグ比較の機会


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP