주요 기사 바로가기

円安でも…韓国、13カ月連続の貿易黒字

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.03.02 08:34
0
旧正月連休による操業日数の減少で、2月の輸出と輸入が前年同月比それぞれ8.6%、10.7%減った。しかし輸出より輸入の減少幅が大きく、貿易収支は21億ドルの黒字となった。

知識経済部(知経部)は1日、2月の輸出額を423億2700万ドル、輸入額を402億6600万ドル(暫定値)と明らかにした。貿易収支は20億6100万ドルの黒字で、前年2月以来13カ月連続で黒字を維持した。2月の貿易黒字は1月(4億7600万ドル)の4倍以上。

輸出が8.6%も減少したが、これは前年とは違い2月に旧正月連休が含まれ、操業日数が2.5日減少した影響が大きかった。操業日数を考慮した2月の一日平均輸出額は20億6000万ドルで、前年同月比2.5%増えた。

船舶の輸出が40.3%減少し、自動車(-15.1%)、一般機械(-15.1%)、鉄鋼(-10.5%)など相当数の主力品目が振るわなかった。無線通信機器(10.2%)、石油化学(7.8%)、液晶デバイス(6.2%)は輸出が増えた。原資材・資本財・消費財の輸入がすべて減少し、輸入は2011年3月以来の最低水準となった。

チョ・ヨンテ知経部輸出入課長は「最近の円安のため輸出減少が懸念されているが、一日の平均輸出額が増加するなど、まだ推移は深刻でないようだ」と述べた。

今年1-2月の累積輸出額は880億ドルと前年同期比0.6%増加した一方、輸入額は855億ドルと3.6%減少した。この期間、貿易収支は25億ドルの黒字で、前年に比べ36億ドル改善された。

バークレイズキャピタルのワイ・ホー・ロン首席エコノミストは「2月の輸出実績は市場の予想(ー9.2%)より良かった」とし「電子部門より自動車・船舶が円安の影響を大きく受けている」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP