주요 기사 바로가기

【コラム】芸能人のスキャンダルはなぜ続く? ストレスが呼ぶ“甘い罠”=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.02.27 10:18
0
俳優のパク・シフ(35)がセックススキャンダルに巻き込まれ、また芸能界が騒がしい。芸能界の海はいつも何かで波が立っている。絶壁の崖っぷちで待っているかのように絶えず誰かが墜落している。

今日は性暴行、明日は違法賭博、明後日は麻薬使用。彼らはなぜ墜落行きの列車に乗るのだろうか。

人気絶頂だったダンスグループ「SHINHWA(神話)」。若い女心を揺さぶってやまない、長身でイケメンの6人組グループだ。“芸能界の権力”を絵に描いたような彼らでさえも、時々思いがけないような場面を演出した。

2000年代半ばのある日の深夜、彼らは宿舎の外で門を叩きながら開けて欲しいと大声を張り上げ、イラ立ちながらも必死に懇願した。“絶対スター”がここまでするとは何があったのだろうか。 彼らを取り巻く状況をよく知る芸能界関係者A氏はこのように話す。

「神話のスケジュールは普通、深夜1時に終わる。夕方から現場で公演を行い、夜遅くにラジオ番組に出演するためだ。 スケジュールがびっしりと入っていて殺人的な日程だが、それでも彼らは黙って従う。なぜならそれが彼らの人気と収入源だから。しかしそこが問題だ。 スケジュールがない日には解放感を満喫しようとする」

不完全な解放によって、青年たちの足は酒と若い女性がいる場所へと向かう。 誘惑と奔放はいつでもそこにある。 そこで所属事務所ひねり出した方法が“帰宅時間”の設定だ。A氏は「深夜0時になれば 何があっても帰ってこさせる。日をまたぐようなことがあれば宿舎の門の鍵をかけたりもする。そのように統制しなければ 手に負えない事件が起きてしまう」

実際、それは起こる。 マネジャーが目を光らせルールを作っても、事件は起こってしまう。2003年初め、Aダンスグループのあるメンバーが「酒に酔って服を脱ぎ、見知らぬ女と一緒にいる写真を公開する」という脅迫に1年近く苦しめられていたことが明るみになった。 そしてこのメンバーは崖っぷちに立ち、墜落も時間の問題のように見えた。 ところが警察が「お金を狙ったストーカーによる犯行」という事実を明らかにしたおかげで危機から抜け出すことができたのだ。

2008年12月、Bダンスグループのあるメンバーが性暴行疑惑で検察に拘束され、3時間ののちに解放された。形勢逆転の理由は“長年のファンで芸能界志望生”だった相手女性が、合意書を提出したためだ。真相はいまだ公開されていないが、絶壁から墜落する絶体絶命の危機からやっとのことで逃れた。彼はまもなく軍隊に入隊し、除隊後は活動舞台を中国に移した。

Aダンスグループのマネジャー級の人物をよく知る関係者のB氏は「マネジャーは多くの事件を経験する。 午前3時に派出所から電話が来る場合もある。 酒を飲んで喧嘩してみたり、飲酒運転をしてみたり、セクハラされたと言われたり…まだ若くて遊び盛りの彼らは、誘惑に負ける可能性が大きい」と話した。 そこで所属事務所は彼らが飲み屋では別の部屋で酒を飲むようにしたり、トラブルが起こればマスコミの知らないうちにもみ消したりもする。 酒と女は、男性スターを墜落に導く最も大きい誘惑だ」

2003年7月、俳優Y氏も酒のせいでひどい目にあっている。酒の席で口論になった同僚俳優とけんかをし、裁判所から懲役10カ月、執行猶予2年が言い渡された。墜落した彼が芸能界に復帰するのに2年以上もかかった。(中央SUNDAY 第311号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP