주요 기사 바로가기

【中央時評】サムスンも中国に冷や汗(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.20 13:17
0
中国はすでに自動車・コンピューター・スマートフォンの世界最大市場だ。問題は、中国が日本よりも自国製品を好む独特の消費をするという点だ。大都市では海外ブランドが目に入るが、農村に行けば中国ブランド一色だ。昨年中国で売れたスマートフォンも半分以上が自国ブランドだ。世界市場とは違う。こうした内需市場を背に、華為のリチャード・ユー代表は「3年内にサムスンとアップルを抜いて世界スマートフォン市場を握る」と意気込んでいる。ひょっとするとスマートフォンもコンピューターや家電と同じ運命をたどるかもしれない。米国・日本で花を咲かせ、韓国が利益を得た後、中国が飛び込む頃にはいつも斜陽産業になっていた。

中国の危機意識も目を引く。「上海株式市場の電子43社の営業利益をすべて合わせもサムスン電子の16.4%にすぎない」。現地メディアは絶えず緊張感を与える。それでもいつの間にか激しい追撃戦を経験する中、中国は模倣を越えて応用レベルに達した。ギャラクシーとiPhoneの長所を取り入れて新製品を出している。いくら創造が重要でも、必ず独創的である必要はない。中国は韓国が日本に追いついた道をそのまま歩んでいる。ひょっとするとサムスンが警戒すべき対象はアップルでなく、中国のスマートフォンかもしれない。

過去20年間、韓国は中国特需を享受してきた。韓国経済は中国と傾きや角度まで同じになるほど同調化現象を見せてきた。中国は今、内需中心に方向を定め、産業高度化に集中し、恐るべき相手に変身している。輸出競合品目は増え、技術の格差は狭まった。鉄鋼・造船などは生き残りをかけた死闘に入った。サムスンまでチャイナリスクに冷や汗を流している。こういう危機に韓国の社会はあまりにも鈍感だ。日本は巧妙に円安を誘導し、中国は賢く“強い企業”を育成している。北東アジアで唯一、韓国だけが大企業を罪人扱いしながら空転している。

イ・チョルホ論説委員
【中央時評】サムスンも中国に冷や汗(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP