주요 기사 바로가기

【コラム】朴槿恵は日中葛藤を解決できる(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.15 11:46
0
それなら韓国は何をすることができるだろうか?明らかな点は韓国が隣国の間で広がった領土紛争で判決を下すことはできないという点だ。一方の肩を持つこともできない。だが、両国がいくらするどく対立して、一方が絶対に退くことはできない状況でも第三者が仲裁して共感して両国の体面を生かしながら解決策を見出せるように次のような案を提示することはできる。

ます最初に、韓国の新大統領は日・中が地域平和と安定を危険にさらしてはならない、この状況を静かに扱わなければなければならないと公開的に訴えることができる。このような声明は地域内はもちろん地域外の国々の支持を受けられるし、東京と北京の視線を引き付けることができる。

二番目に、このような公開的な宣言の裏で、日・中指導者にアジア地域は両国の緊張緩和を望むと静かに訴えることができる。(2月25日大統領就任式直後の祝賀通話ですることができるはずだ。)

 
三番目に、韓国は雰囲気を変えて緊張を緩和する3国首脳会談を斡旋することもできる。 (静かで景色の良い済州道のようなところはどうだろうか?)韓国はすでにソウルに韓・中・日3国協力事務局を誘致したので、長官級や首脳会談を提案するのに良い位置にある。日本と中国の友邦(米国やロシア?)は韓国主導のこのような提案を全面支持するだろう。

朴次期大統領は選挙運動期間「信頼の政治」を話した。これは信頼に土台を置いた地域関係と外交政策を広げていくという意であろう。韓国が近隣諸国間の最近の緊張状況を緩和する指導的な役割をすることぐらいこのような新しい外交の成功事例を作るより良い案が他にあるだろうか?

ビクター・チャ米ジョージタウン大学


【コラム】朴槿恵は日中葛藤を解決できる(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP