주요 기사 바로가기

<サッカー>“独島パフォーマンス”朴種佑、「日本選手を慰労した真心」が銅メダル獲得に

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.02.14 09:56
0
真心が正義を引き出した。朴種佑(パク・ジョンウ、24、釜山)が笑顔を取り戻した。国際オリンピック委員会(IOC)執行委員会から銅メダル授与決定を受けた朴種佑(パク・ジョンウ)は13日、仁川(インチョン)国際空港に到着した。

昨年8月、ロンドンオリンピック(五輪)男子サッカー3位決定戦で日本に勝った後、「独島はわが領土」と書かれた紙を掲げ、IOCから「政治的意思表現禁止違反」を理由にメダルが保留されてから6カ月ぶりのことだった。

IOCは朴種佑の行為が偶発的な行為だった点を参酌し、「厳重警告」処分にとどめた。これに関しアダムスIOC報道官は13日、「朴種佑の独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンスは事前に計画されたものでなかったと判断された。試合後に日本の選手にスポーツマンシップを見せたのがこれを証明している」と説明した。

3位決定戦の直後、朴種佑が日本の大津祐樹(22)を慰労しながら立たせる姿があった。気を落とす大津に朴種佑が近寄って励ましたのだ。朴種佑は当時の状況について、「試合の後、日本の大津祐樹が悲しんでいた。立場を変えて考えてみると、つらいだろうと思って慰労した」と語った。これは「独島はわが領土」セレモニーが偶発的なものだったことを強調しながらIOC懲戒委員会委員の心を変えるのに決定的な契機になった。

朴種佑の弁護人ジェフリー・ジョーンズ国際弁護士(62)も「朴種佑の誠意が委員によく伝わった。難しい瞬間もあったが、率直によく対処し、最終的に幸せな結果を得た」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>“独島パフォーマンス”朴種佑、「日本選手を慰労した真心」が銅メダル獲得に

    2013.02.14 09:56
    뉴스 메뉴 보기
    朴種佑(パク・ジョンウ)。
    TOP