주요 기사 바로가기

地下坑道「ステルス」効果…北核実験を探知するには

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.25 13:22
0
金正恩(キム・ジョンウン)が第1委員長を務める北朝鮮の国防委員会が24日、核実験を強行する意向を明らかにした。韓国情報当局は対北朝鮮監視レベルをさらに強化している。

韓国政府当局者は「北朝鮮が長距離ロケット発射後に核実験を実施してきた過去の2回を考えれば、今回も似た姿を見せると予想している」とし「国防部をはじめとする政府内にタスクフォース(TF)を構成し、北朝鮮の核活動の動きを綿密に監視中」と述べた。また「現在、北朝鮮は核実験の準備を終えた状態で、北朝鮮指導部が決心すれば今月中にも核実験が可能な状況」と伝えた。

政府は特に、北朝鮮の声明発表の主体が国防委である点に注目している。06年と09年に核実験計画を明らかにしたのは外務省の声明だった。国防委が外務省より上位機関であることを考慮すれば、国際社会の懸念にもかかわらず、ほとんどの専門家は北朝鮮の核実験を既定事実化する雰囲気だ。したがっていつボタンを押すのか、プルトニウムと高濃縮ウラン(HEU)のうち、どの物質を使うのかという点に関心が向けられている。

北朝鮮の過去の2度の核実験は、発表後6日、26日後に実施されている。今回も早ければ今月中、または金正日(キム・ジョンイル)の誕生日である2月16日以前に実施するのではという見方がある。チン・ヒグァン仁済大教授(統一学)は「北朝鮮は国内政治と国際的な波及効果を最大化できる時点を選択するはず。核と長距離ミサイルが金正日の遺訓だったという点を考えると、金正日の誕生日の16日前に核実験を行う可能性が高い」と予想した。ただ、中国など国際社会の努力で日程が変わる可能性はある。

現在のところ、咸鏡北道吉州郡豊渓里の核実験場では特異な動きが確認されていない。しかし北朝鮮が核実験を公式化したことで、核実験の坑道の最終作業を本格的に始めるというのが、情報当局の分析だ。地上観測所と坑道内の実験装備のケーブル連結作業と密封作業が確認されれば、核実験が迫っていると見なければならない。

しかしこうした作業はほとんど坑道内で行われるため、KH系列の米国軍事衛星やU-2高高度偵察機などの観測装備だけでは把握するのに限界がある。ミサイル発射とは違い、核実験の兆候を把握するのに困難が伴う理由だ。このため実験後に核実験の事実が伝えられたりする。

北朝鮮が核実験を実施することに対応し、政府は証拠の確認にも集中している。核実験を実施する場合、人工地震波が発生する。人工地震波はP波がS波より顕著に多く観察され、波形も自然地震に比べて単純で、震源も地表に近い。また1時間以内に探知可能な、人間が聞こえない20ヘルツ未満の低周波も核実験の証拠だ。核実験で発生するキセノン(Xe)やクリプトン(Kr)など核物質(放射能核種)は最も確実な証拠(smoking gun)となる。

こうした中、北朝鮮が3度目の核実験にHEUを使用する可能性が高いという分析が出ている。国防部当局者は「北朝鮮は3回の再処理過程を通じて、約40キロのプルトニウムを保有している」とし「プルトニウムを使用した核実験はすでに2度実施し、これ以上のプルトニウム生産も難しく、HEUを使った実験を必要としている」と述べた。プルトニウムを惜しみ、新しく作ったウランで実験する可能性があるということだ。

軍情報当局は現在、北朝鮮は年40キロの武器用HEUを生産できるレベルと把握している。また、米国や国際社会への衝撃を極大化するため多様な核兵器を保有する可能性があるという点も、HEU実験を予想する背景となっている。しかし北朝鮮がこの日、「高レベルの核実験」と明らかにしたため、プルトニウム弾の小型化を誇示したり、2種類を同時に実施する可能性も排除できない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    地下坑道「ステルス」効果…北核実験を探知するには

    2013.01.25 13:22
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の核実験の監視・探知はどのようにしているか。
    TOP