주요 기사 바로가기

<CES>OLEDかウルトラHDか、テレビめぐる韓日中3次大戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.08 08:56
0
6日、米ラスベガスのメーンストリートであるストリップ通りには霧が立ちこめ特有のスカイラインが姿を隠した。まるで将来の見通しが交錯する今年の米国家電市場を暗示するようだった。このような雰囲気の中、8日から4日間にわたりラスベガスコンベンションセンターで世界最大の家電見本市のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)が開かれる。48カ国3000社余りが参加し、展示会場の規模だけで17万平方メートルに達する過去最大規模だ。

最大の市場である米国で今年1年の覇権をつかもうとする各国の国家代表級の電子メーカーがそれぞれ秘蔵の武器を世界全域から空輸し意気込んでいる。今年は“伝統の強者”に挙げられる韓国のサムスン電子とLG電子、“名家の再建”を狙う日本のソニーとシャープ、パナソニック、“新興名門”を狙う中国と台湾のメーカー展開する“韓日中三国志”の様相がくっきりとしておりどの年より注目を集めている。

この中“テレビ戦争”がハイライトだ。特に今年には有機発光ダイオード(OLED)テレビとウルトラ高画質(UHD)テレビ間の勝負が予告されている。薄型テレビ、3Dテレビに続き3回目だ。LG電子は2日に世界で初めて予約販売に突入した55インチのOLEDテレビ19台を展示場前面に展示した。自ら光を出す有機物質であるOLEDで画素を構成しバックライトが必要なく画質がより豊富になるという長所がある。

大型OLEDテレビの初の量産記録をLG電子に譲ったサムスン電子は近く発売するOLEDテレビの代わりに超大型UHDテレビを前面に出した。「驚くべき世界への旅行(Journey of Wonder)」というテーマで展示場入口に小劇場を思わせるほどの超大型UHDテレビ(85、95、110インチ)で構成されたビッグスクリーンテレビを用意した。既に公開された85インチよりも大きいテレビだ。UHDテレビは従来のフルHD級に比べ画素が4倍細かく配置されはるかに鮮明な画質を表現する。 OLEDテレビ技術力で後れを取る日本と中国のメーカーもUHDテレビを選んだ。日本のパナソニックとシャープは100~110インチ台の超大型UHDテレビを展示する予定だ。

中国のテレビメーカーのTCLはUHDディスプレーとともにUHD3Dテレビも公開すると公言した状態だ。展示場で会った業界関係者は、「日本や中国のメーカーはOLEDテレビに対する技術が不足しているだけに、これに対する対抗馬としてUHDテレビを競争的に出す局面だ」と話した。

スマートテレビをめぐるメーカー間のつばぜり合いもいつになく激しい。この分野はサムスン電子対非サムスン電子の構図が組まれる姿だ。LG電子はサムスン電子をけん制するために日本と欧州のテレビメーカーと結成した「スマートテレビアライアンス」に最近パナソニックとIBMなどを迎え入れ勢力を拡大している。既存の東芝やクアルコムなどとともに巨大スマートテレビ連合を形成したのだ。LG電子のチェ・ソンホ専務(スマートビジネスグループ長)は、「世界で販売されるテレビの10台に3台がスマートテレビアライアンスの製品になるだろう」と公言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP