주요 기사 바로가기

【噴水台】テレビ出演美人の似たような顔、これからは「逆整形型」が流行?=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.27 13:44
0
北朝鮮がファーストレディ李雪主(イ・ソルジュ)の実名を電撃公開した。政治的な脈絡を除いて純粋に容貌だけ見たら李雪主は典型的な北朝鮮美人に属する。歌が上手く金日成大学に在学中という話もあるので才色を兼ね備えた人物ではないかと思う。

どこの国でもどんな人種でも美男美女がいる。時代・地域によって基準に違いが生じるが、共通点は顔・スタイルの均衡美であるようだ。麗水(ヨス)エキスポに行った先週土曜日がちょうどエキスポ主催側が決めた「アンゴラの日」だった。アンゴラ展示館前の広場で行われた記念公演に今年のミス・アンゴラも出演したが、ひと目見てもものすごい美女だった。男性たちは酒の席で美人が多い国々を挙げたりもする。「ウズベキスタンに行ったら、キム・テヒが畑で草取りをして、イ・ヨンエがヤギの乳を絞っていた」という感じだ。女性たちは「ローマに行くと歩いている男性がみなジョージ・クルーニーだよ」と言って韓国男性の鼻っぱしを折る。逆に世界美人コンテストを独占するベネズエラに期待を抱いて行っても太った女性だけ見てきたという経験談もある。

「性の商品化」を批判する声にある程度うなずくが、極端に目くじらを立てることではないとみる。売春防止法も限界がある。商品化の意味を広く捉えれば化粧品使用さえ商品化予備段階と見ることができる。男性たちのシックスパック腹筋作りも同じだ。男性が美女を、女性が美男を羨望するのは生存欲求の次に強力な性欲、すなわち種族保存の本能と相対しているので「頭」だけで裁断するのは無理だ。




【噴水台】テレビ出演美人の似たうな顔、これからは「逆整形型」が流行?=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】テレビ出演美人の似たような顔、これからは「逆整形型」が流行?=韓国(1)

    2012.07.27 13:44
    뉴스 메뉴 보기
    テレビ出演美人の似たような顔、これからは「逆整形型」が流行?
    TOP