주요 기사 바로가기

韓国は69年「大韓航空機ハイジャック事件」を忘れたが、私は今から…(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.04 17:53
0
生還者のパク・ミョンウォンさんの話がファンさんの胸を熱くした。 「ファン・ウォンさんは思想教育中、共産主義の理論は間違っていると反論した。 『南山の白骨にする』という脅迫にも臆することがなかった。 70年の新年初日、収容所で遠くの山を眺めながら『私の故郷、南の海に行きたい』という歌を歌っていた。 監視員が怒鳴りながらファンさんを連れ出し、その日から姿が見られなくなった」。

ファンさんは統一部を何度も訪ね、他の拉致被害者の家族と一緒に街に出た。 しかし政府はいかなる手も施さず、人々は無関心だった。 そして2010年初め、国連人権理事会に強引・非自発的失踪実務グループがあるという話を聞いた。 ファンさんは同年6月、実務グループに事件を届け、その1年6カ月後に北朝鮮の答弁を聞いた。 北朝鮮は「当時の事件は強制失踪と関係がない。 国連失踪実務グループが扱う問題ではない。 人道主義的な事案と関係がない」と答えた。 ファンさんは「答弁を得たということ自体が大きな収穫」と述べた。

活動11年目に心強い援軍も生じた。 2011年10月から全国を回りながら大韓航空機ハイジャック事件11人の生死確認と送還のための署名運動を行っていたが、そこで会った大学生たちだ。 韓東大・延世大・高麗大の学生と一緒に拉致被害者支援会を結成した。 今後、国際社会に大韓航空機ハイジャック事件の人道主義的解決を訴え、北朝鮮を圧力を加える計画だ。

 
ファンさんは「大韓航空機ハイジャック事件は世界民間航空機ハイジャック事件の唯一の未解決事件」とし「国連が動いて国際社会が人道主義という名で圧力を加えれば、北朝鮮も黙り続けることはできないだろう」と期待を表した。


韓国は69年「大韓航空機ハイジャック事件」を忘れたが、私は今から…(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP