주요 기사 바로가기

男女賃金格差韓国がOECD国家で1位…日本は2位

ⓒ 中央日報日本語版2012.11.30 12:15
0
韓国の男女賃金格差が経済協力開発機構(OECD)会員国の中で最も大きいことが明らかになったと30日、韓国メディアが報道した。

報道によるとOECDは2010年基準として統計がある28カ国の会員国男女賃金格差を調査した。調査で韓国の男女賃金格差は39%に達して1位を占めた。

韓国の男女賃金格差はOECD28カ国平均(15%)の2.6倍に達する。2位の日本(29%)ととも10%ポイントも差がある。

韓国、日本の次にはドイツ、イスラエル(以上21%)、米国、カナダ、フィンランド、スイス、オーストリア(19%)、英国、チェコ(以上18%)の順で賃金格差が大きかった。ハンガリー、ポーランド、スペインは6%で最も低くニュージーランド(7%)、ノルウェー(8%)、ベルギー(9%)も男女間の賃金差が一桁に止まった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    男女賃金格差韓国がOECD国家で1位…日本は2位

    2012.11.30 12:15
    뉴스 메뉴 보기
    大都市の職業あっ旋事務所の前で待機する人々(写真=中央フォト)。
    TOP