주요 기사 바로가기

韓国の経済成長に“赤信号” 長期成長率1%台予想=OECD

ⓒ 中央日報日本語版2012.11.12 17:16
0
韓国の経済成長が漸進的に鈍化し、2031年から2060年までの平均成長率は1%にとどまると予想された。

12日の韓国メディアの報道によると、経済協力開発機構(OECD)は最近発表した「2060年までの長期世界経済展望報告書」で、購買力平価(PPP)を基準に韓国の平均国内総生産(GDP)成長率は2030年まで2.7%を維持するが、2031年から30年間は1.0%にとどまると予想した。

2031-2060年の成長率予想値1%は42カ国のOECD加盟国のうち、ルクセンブルク(0.6%)を除いて、ドイツ・ポーランドとともに最下位に属する。

こうした成長率鈍化の主な理由は、韓国がOECD国家のうち最も速いペースで高齢化が進み、生産可能人口が減少するためだと、報告書は説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP