주요 기사 바로가기

日本右翼政党、相次ぐ失言も支持率は下がらず(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.28 10:15
0
「憲法改正を通じて自衛隊を国防軍に変える」という公約には、「大陸間弾道ミサイルを飛ばすような組織にするのか」(野田佳彦首相)という批判が殺到した。さらに自民党内部と提携パートナーの公明党からも反発があふれた。

また最近テレビに出演した安倍総裁は、「竹島(独島の日本名)の日を国家行事に格上げするというが、休日にするということか」という質問を受けた後、「それはこれから考えてみる」とし「竹島は日本の領土だと子どもたちに教えていく必要がある」というとんでもない話をし、ひんしゅくを買った。

石原代表と橋下代表代行の極右ツートップが率いる日本維新の会も同じだ。急いで合併するために無理にすり合わせた曖昧な公約が批判を受ける中、今度は失言まで飛び出した。橋下代表代行は23日、「みんなの党」との連帯が難航すると、「選挙区の調整はじゃんけんで決めてもいい」と発言した。政界を驚かせたこの表現に対し、民主党からは「政策はチャンポン、候補者はじゃんけん」(岡田克也副総理)という皮肉が出てきた。

こうした悪材料にもかかわらず、右翼政党の勢いが弱まらないのは民主党の人気があまりにも低いからだ。国民に刻印された無能イメージのため、反転の機会をつかめずにいる。

自民、民主、日本維新の会の三つ巴戦が鮮明になる中、第4勢力が「脱原発」を旗印に新党を結成した。嘉田由紀子滋賀県知事が党首を務めることになるが、低い支持率と資金不足で政治的危機に陥った「国民の生活が第一」の小沢一郎代表が水面下で主導したという分析が出ている。


日本右翼政党、相次ぐ失言も支鶎率は下がらず(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP