주요 기사 바로가기

橋下も加勢…火が付いた日本平和憲法9条の改正(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.07 12:48
0
日本の次世代リーダーに浮上した橋下徹(44)大阪市長が、次期総選挙で平和憲法の根幹である憲法第9条の改正の是非を国民投票で決めると明らかにした。

橋下市長が率いる地域政党「大阪維新の会」は5日、総選挙の公約となる「維新八策」の改訂版を公開し、「憲法改正の国会発議要件を全議席の3分の2から2分の1に緩和するが、第9条だけは国民投票を通じて改正する」と発表した。

憲法第9条は日本平和憲法の根幹をなす条項で、「戦争の放棄、戦力の不保持、交戦権の否認」が銘記されている。

大阪維新の会は、外交・国防関連の公約で日米同盟を基軸にして韓国やオーストラリアなど、自由と民主主義を守護する国々との共助強化、日本の主権と領土を自力で守る防衛力と政策整備、環太平洋パートナーシップ協定(TPPA)に参加し、先進国をリードする“脱原発”体制の構築などを掲げている。

大阪維新の会が第1野党である自民党に続いて、憲法第9条の改正を検討して前に出ることで、今後の日本政治界の論争点は憲法改正に合わせられる見込みだ。自民党はすでに次期総選挙の公約に「憲法(第9条含む)を改正して自衛隊を正式軍隊“国防軍”に変え、集団的自衛権を行使できるように国家安全保障基本法も制定する」と明らかにしている。

大阪維新の会は現役議員が1人もいない地域政治組職であるにもかかわらず、最近の各種世論調査で最も高い人気を占めている。歯に衣を着せない言い方ではあるが、論理的な言弁を駆使する弁護士出身の橋下市長人気のためだ。


橋下も加勢…火が付いた日本平和憲法9条の改正(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    橋下も加勢…火が付いた日本平和憲法9条の改正(1)

    2012.07.07 12:48
    뉴스 메뉴 보기
    橋下徹(44)大阪市長。
    TOP