주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】傷だらけの野田首相の真剣勝負(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.26 17:16
0
コーナーに追い詰められた野田首相は結局、幼い頃のエピソードまで動員し、「私は嘘つきではない」と抗弁して解散を宣言した。電撃的な解散に日本メディアは「野田首相の刀に野党は意表を突かれた」と表現した。

プライドを守った本人の心はすっきりしたかもしれないが、野田首相が率いる民主党は最悪の状況となった。 自民党に敗れるのはもちろん、石原・橋下の右翼連合軍「日本維新の会」に第2党の地位まで譲り渡す雰囲気だ。

選挙戦が始まると、野田首相は「自民党のように父の選挙区を息子が譲り受ける世襲公認は民主党にない」「他の政党の右傾化競争には参加しない」と主張し、野党との差別化に乗り出した。

しかし野田首相とはどういう人物か。 就任と同時に先任の民主党首相が標ぼうした「脱官僚政治」を覆し、過去の歴史・領土問題には自民党が驚くほどの保守色を見せた。 このため「野田政権は自民党野田派」と言われた張本人だ。

民主党に投票してほしいという野田首相の叫びが空しく、振りかざす解散の刀が限りなく鈍く感じる理由だ。

民主党政権が終焉を告げるのはさておき、極右的な自民党と日本維新の会が勢力を伸ばし、歴史の時計を逆に回すことを考えると、野田首相が本当に恨めしい。

ソ・スンウク東京特派員
【グローバルアイ】傷だらけの野田首相の真剣勝負(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP