주요 기사 바로가기

<サッカー>“人民ルーニー”鄭大世、水原入団交渉が進展

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.11.19 17:33
0
北朝鮮サッカー代表のストライカー鄭大世(チョン・テセ、28)が、Kリーグの強豪・水原サムスンと入団交渉を行っている。 蔚山(ウルサン)、ソウル、仁川(インチョン)など関心を見せる球団が多数あるが、水原を最優先交渉パートナーに決めて、移籍の可能性を積極的に調整している。

サッカー界の事情に詳しいある関係者は19日、韓国の日刊スポーツとの電話で、「鄭大世の移籍交渉は依然として進行中で、まだ決まったことはないが、選手とエージェントは水原を優先交渉球団に決めて、最も積極的に話し合っている」と述べた。

一方、鄭大世が水原行きを第一に考えている理由は、北朝鮮代表チームの同僚、安英学(アン・ヨンハク)の影響と伝えられた。 鄭大世の交渉について伝えたサッカー関係者は「鄭大世がKリーグ行きを決心した後、安英学に何度か助言を求めたと聞いている」と話した。 安英学は08年から2年間、水原でプレーした。 安英学は水原に所属していた当時、北朝鮮サッカー代表チームのユニホームの下に水原のユニホームを着るなど、水原に対する忠誠心を見せていた。

一時は移籍料と年俸を合わせて150万ドル(16億ウォン)という話が出ていた鄭大世の金額は最近かなり落ちた状態だ。 移籍料50万ユーロ(7億ウォン)に年俸50万ドル(5億5000万ウォン)を合わせた計12億ウォン(約9000万円)ほどで話し合われている。

移籍料には変動の可能性がほとんどない。 ボーフム(ドイツ)から鄭大世を獲得しながら35万ユーロ(4億9000万ウォン)前後の金額を投資した現所属チームのケルンが、早くから移籍料の最低ラインを50万ユーロに策定した。 2部リーグのケルンは有望株を安く獲得した後、高値で売ることで球団の運営資金を確保している。 これに関し移籍交渉を担当している鄭大世のエージェント側に「移籍料50万ユーロ以下では絶対に不可能」と指示したと伝えられた。 このため鄭大世側は年俸を調節し、Kリーグ移籍を実現させようと努力している。 年俸も交渉初期には100万ドルを超えていたが、時間が経つにつれてバブルが消えている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>“人民ルーニー”鄭大世、水原入団交渉が進展

    2012.11.19 17:33
    뉴스 메뉴 보기
    鄭大世(チョン・テセ、28)。
    TOP