주요 기사 바로가기

OECD「韓国は精神的苦痛がまん延した国」

ⓒ 中央日報日本語版2012.11.08 10:24
0
韓国社会が「精神的苦痛がまん延した国」という診断を受けたと韓国メディアが8日に報道した。

報道によると、経済協力開発機構(OECD)諮問官であるスーザン・オコナー博士は8日にソウル市内のホテルで開かれた韓日中精神健康政策フォーラムに先立ち、韓国の精神健康システム全般を取り上げた評価報告書を公開した。

OECDは報告書で、韓国の人々が全般的に精神的な苦痛を受けており、韓国人の精神的生活の質を改善する戦略を至急に検討しなければならないと診断した。世界最高水準の自殺率とアルコール乱用、ギャンブルやインターネット中毒、校内暴力などがその事例として挙げられた。

報告書ではこのような診断とともに病院および施設に長期入院する場合が多い韓国の精神保健実態の問題点を指摘して地域社会治療中心に切り替えなければならないという助言を加えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP