주요 기사 바로가기

<野球>李大浩「サムスン、読売に劣らない」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.11.05 14:27
0
「サムスンも日本の読売に劣らない韓国最強のチームだ。決して負けていない」。

李大浩(イ・デホ、30、オリックス)は今季、日本の舞台で読売と対戦した。 パリーグ所属のオリックスは5月16日から6月17日までセリーグの6チームと交流戦を行った。 李大浩は日本一となった読売と計4回対戦し、三塁打を含む15打数6安打、打率4割をマークした。

李大浩は読売の「現在」を最もよく知る選手だ。 李大浩は「読売は日本シリーズで優勝した名門球団。 あらゆる面で間違いなく強いチームだ。 しかしサムスンも韓国シリーズで優勝した。 韓国と日本の野球のレベルに大きな差はない。 サムスンも決して劣らない」と話した。 サムスンは8日から釜山の社稷(サジク)球場で開催されるアジアシリーズ決勝戦で読売と対戦する確率が高い。

 
読売戦の“ヒント”を教えてほしいと尋ねると、李大浩はしばらくためらった。 サムスンには読売(06-10年)で活躍した李承ヨプ(イ・スンヨプ)がいるからだ。 李大浩は「李承ヨプ先輩が日本のチームのことをよく知っている。 サムスンの戦力分析員も資料の収集に忙しく動いているだろう。 心配ないと思う」と述べ、数人の要注意選手を挙げた。

読売の強みは先発陣だ。 チームの平均防御率2.16は日本12球団のうちトップで、2けた勝利投手が4人もいる。 今季ソフトバンクから移籍した杉内俊哉(32)と日本シリーズMVPの内海哲也(30)、昨年セリーグ新人王の澤村拓一(24)が先発の軸を形成する。 3投手ともに2けた勝利、2点台の防御率で、スキがないという評価だ。

李大浩が注目する選手は杉内と内海。 李大浩は「杉内は典型的な左腕投手で、 特にチェンジアップがいい」とし「日本の投手はストライクのようなボール球を投げる。 ボールを投げればある程度は見えるが、直球のように軌道から落ちる」と説明した。 今年12勝(6敗)をマークした杉内は“無回転チェンジアップ”で有名だ。 一般的なチェンジアップとは違い、中指を浮かして人差し指と薬指でグリップをつかむ。 ダルビッシュ有(テキサス)は日本最高の変化球に、杉内のこのチェンジアップを選んだ。

李大浩は5月17日の交流戦で、杉内の外角チェンジアップをたたき、中越三塁打を放っている。 李大浩は「何よりも制球力がいい選手。 チェンジアップで三振を誘う」とし「杉内が出るかどうかは分からない。 内海もエースだ。 第1先発で出てくる可能性もある」と話した。 内海は今季、防御率1.98、15勝4敗をマークしている。

打線も手強い。 セリーグ打率1-3位はすべて読売の選手だ。 李大浩は「1番から下位打線まで守備、打撃ともにレベルが高い。 大砲の阿部慎之助(33)、遊撃手の坂本勇人(24)の守備の実力が優れている」と説明した。 主将で看板打者の阿部は今季、打点と打率で1位になった主砲。 打率3割1分1厘、14本塁打、69打点をマークした坂本は、独特の速い動きでチームの内野守備の核となっている。

李大浩は「読売は投手陣はもちろん打撃もベスト。 どれか一つだけでなく、バランスがいい」とし「しかし1年間プレーして感じたのは日本も韓国も同じ野球をするという点。 レベルの差も大きくないと思う。 結局、その日のコンディションや戦略で勝負が決まるだろう」と語った。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>李大浩「サムスン、読売に劣らない」

    2012.11.05 14:27
    뉴스 메뉴 보기
    李大浩(イ・デホ、30、オリックス)。
    TOP