주요 기사 바로가기

<WBC>剛速球がなければフォークボールで…金鎮ウ不参加で尹喜相=韓国

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.12.28 16:22
0
来年3月に開催される第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国代表エントリーがまた変わった。 メジャーリーガーの秋信守(チュ・シンス、30、シンシナティー)、剛速球投手の金鎮ウ(キム・ジンウ、31、起亜)が結局、不参加となった。

柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督(49)と韓国野球委員会(KBO)技術委員会は27日、秋信守と金鎮ウを代表チーム名簿から除き、右投げ投手の尹喜相(ユン・ヒサン、27、SK)と外野手の孫アソプ(ソン・アソプ、24、ロッテ)を合流させることにした。

これに先立ち、金鎮ウは右ひじの痛みのため代表チーム合流が難しいと伝え、シンシナティーに移籍した秋信守は新チームへの適応時間が必要という理由で大会不参加を知らせてきた。

11月に予備エントリーが発表されてから1カ月間に、両選手を含め、柳賢振(リュ・ヒョンジン、25、LAドジャース)、奉重根(ボン・ジュングン、32、LG)、金広鉉(キム・クァンヒョン、24、SK)、洪相三(ホン・サンサム、22、斗山)の6人が抜けた。 所属球団(米国)の事情とけがを理由にユニホームを着る前に代表チームを離れた。 選手選抜を担当する金寅植(キム・インシク)技術委員長(65)は「3回のWBCのうち今回のメンバーが最も戦力が劣るようだ。 柳仲逸監督がうまく乗り越えてくれることを望む」と語った。

尹喜相は今季、SK唯一の2けた勝利投手(10勝9敗)で、防御率3.36をマークした。 プロデビュー後、代表入りは今回が初めてとなる。 尹喜相の武器は大きな身長(193センチ)からの落差が大きいフォークボール。

孫アソプは今年、ロッテ唯一の3割打者(打率3割1分4厘、打撃3位)で、安打数1位(158本)になった。 外野の守備力も向上し、代表に選抜された。 KBOは代表ユニホーム発表行事が予定された来年1月16日までに最終エントリーを確定する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP